【動画で証明】自宅に数時間も居座り、分裂するオーブを撮った!

自宅に幽霊が出現したり、心霊動画が撮影されるというのはあまり気持ちの良いものではない。

アメリカはフロリダ州在住モンゼル・フォード牧師は「自宅の居間に設置してあった防犯カメラが奇妙な物体を捉えていた」と語る。

問題の映像を確認すると、半透明の大きなリング状の物体が天井にあるランプシェードの辺りから下りてきて、ソファの上からデスクの方へ移動していく様子が確かに捉えられていた。

関連動画
CAUGHT ON CAMERA | Mysterious orb seen floating in police chaplain’s home




フォード牧師はテレビのインタビューに対し、当時は家の中に誰もいなかったこと、懐中電灯の灯りでもなく、ほこりの粒子にしては大きすぎると語っている。また、この物体はよくあるオーブの動画と違い、室内にずっと留まっていただけでなく、分裂したりもしていたようだ。

フォード牧師は動画が撮影されていた当時は家を出ており、防犯カメラと連動したスマートフォンに「異常が検知された」という通知が届いて動画を確認した所、このような光景が捉えられていて驚いたと語っている。

フォード牧師は地元のデイトナビーチ警察署内で牧師として働いており、様々な相談や奇妙な事件を見聞きする事も多かったそうだが、今回の自宅で起きた異変に関しては「理解が及ばず、対処のしようがない」と語っているそうだ。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©KSDK News YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る