妖怪「赤腹」 旅人を1口で飲み込んでしまう 

旅の途中の旅人を山道で襲ってひと飲みしてしまう妖怪。

腹が赤いことから「アカハラ=赤腹」と呼ばれる。山の中で座っていると後から忍び寄り、一口で飲み込んでしまう。

なぜかタバコが嫌いで、タバコを持っている人間は決して襲わないと言われている。

山と山里の怖い話・不思議な話 その8―雷鳥一号さんの投稿怪談―

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Jordan Stimpson PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る