現在妖怪「鍋頭」 

この妖怪の名前は「鍋頭」と書いて「なべかぶり」と読む。

これは山に住んでいるけものの妖怪で、頭に鉄鍋をかぶっている。

猟師をやっていた男が獲物だと思って打ったところ、カーンと金属に当たる音がした。よく見ると茂みの中からいたちのような下半身と、鍋をかぶった上半身が出てきた。

これは猟師仲間の間で「鍋頭」と呼ばれているものであり、もう何年も前から出没していると言う。

山と山里の怖い話・不思議な話 その8―雷鳥一号さんの投稿怪談―

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©StockSnap PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る