【疑惑】『帰れマンデー』紹介の埼玉ローカルチェーンってホントか?

2020年11月2日に放送された、人気バラエティ番組『帰れマンデー見っけ隊』(テレビ朝日)の新コーナー「埼玉へゴー!」の企画内容に対し、一部の視聴者から“待った”がかかった。

これは「山田うどん」や「がってん寿司」など都心ではあまり見ないが、埼玉県ではよく見かけるローカルチェーン店で売り上げ1位を当てる企画である。

番組では上記の二店舗に加え、「ぎょうざの満州」や「安楽亭」など、実は埼玉が1号店といったチェーン店が続々と登場したのだが、物議を醸したのが「ステーキのどん」の扱いであった。

「帰れマンデー」に素のあの芸能人が登場!




確かに「ステーキのどん」は、埼玉県の出店が圧倒的に多いが、公式HPによると実は1号店は埼玉ではなく、群馬県前橋市だと紹介されている。このことから、ネット上では「ステーキのどんは埼玉枠でいいのか?」といった疑問の声が相次いだのである。

ステーキのどんの想い(「ステーキどん)公式HPより

とはいえ、現在は埼玉の方が圧倒的に店舗は多いのは一目瞭然。つまり大まかにいえば、「埼玉へゴー!」の趣旨は「埼玉発祥のローカルチェーン店」というコンセプトよりは「埼玉でよく見るチェーン店」の方が正しいようだ。

(文:江戸前ライダー 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©Dominik Hintz PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る