中国・重慶市、「紙幣の雨」が降ってきた!?

石やカエルなど、空から変な物が降ってきた事例は多々あるが、こちらの雨はぜひ、というかどんどんと降ってきてほしいものかもしれない。

10月17日、中国南西部の重慶市にて大量の人民元紙幣の雨が降り注いだ。場所は重慶中央公園付近で普段から交通量の多い地域であったが、降ってくる紙幣を拾うために多くの人たちが路上に出てきて、一時は交通が困難になるほどの状況になったという。

関連動画
Residents rush to grab ‘free money falling from the sky’ in Chongqing, China




地元メディアは「天の恵み、空から紙幣の雨」と報道し、現場に居合わせた人が撮影しSNS上に投稿した動画はが50万以上の「いいね」を集めたという。

しかし、なぜ大量の紙幣が降ってきたのか。SNSでは「死期が近づいたことを知った地元の大物ヤクザが町の上空からヘリコプターで現金をばらまいた」などの噂が上がっていた。だが実際には、一人の人間によるはた迷惑な犯行であった。

地元警察は現場付近に建つ高層アパートの30階から多数の現金をばらまき、交通を妨げたとして29歳の男性を逮捕。男性は大麻を服用しており、犯行当時は薬物で異常な高揚状態にあったことを明らかにしている。なお、男性は拘留中であり余罪について調査が行われている。同時に薬物治療も受けているとのことだ。

なお、重慶で「金の雨」が降ったのはこれが初めてではない。2017年にもある女性が交通渋滞に巻き込まれ、過度な興奮状態に陥った結果合計約16000元の現金をばらまくという事件があったそうだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Daily Mail YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る