エイリアン基地が降下した!?フィリピンで撮影されたブラックナイト

地球の軌道上には謎の巨大UFO「ブラック・ナイト」が存在すると言われている。

ブラックナイトは人間が宇宙に進出するより昔から軌道上に存在しているとされる巨大なUFOで、普通のUFOなどとは違う非常にいびつな形状をしている。

ブラックナイトを画像として捉えたものとしては、1998年のスペースシャトルのミッション中にNASAの宇宙飛行士がカメラで撮影した物体が有名だろう。そのあまりの規模から、宇宙人による軌道上の基地ではないかとも考えられている。

関連記事
衛星軌道上に浮かぶ巨大飛行物体「ブラック・ナイト」は何を監視する?




そんなブラックナイトがついに地球に降りてきた?という報告がフィリピンから寄せられた。

フィリピンのラグナ州サンタローザにて撮影された動画には、曇り空に浮かぶ奇妙な黒い色の物体が捉えられていた。拡大してみると、その物体の形状は確かに前述のブラックナイトとよく似ている事が解る。しかし、動画の物体はもっと小さく、上部に開口部があってその周囲に長いとげが生えているようにも見える。

今回の動画に付いてはUFO研究家の間でも意見が分かれており、「本物のブラックナイトだ」とする意見から「似ているといえば似ているが、サイズがあまりにも違いすぎる」という事で否定する意見もあるようだ。

関連動画
Humanoid UFO? – Sonoma Residences, Sta. Rosa Laguna | Philippines

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Gian Pacayra YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る