セキュリティー避けて、まんまと銀行強盗成功!犯人は…アライグマ?

先日、カリフォルニア州レッドウッドシティーで銀行強盗が発生した。

「覆面をつけたような」強盗は、現金や無記名債券ではなく、アーモンドビスケットを食い散らかしていたという。それもそのはず、強盗の正体は2匹のアライグマだったのだ。

10月20日火曜日の早朝、ペニンシュラ銀行の利用客がフロアにいるアライグマを発見。当初はぬいぐるみかと思ったそうだが、動き出した上に銀行のオフィスの中に入っていったため、行員と動物管理局に連絡したという。

地元の動物保護団体の広報担当者はCNNに「彼らは休憩室でアーモンドクッキーの箱を開けて食べ散らかしていました。私たちのチームが到着したとき、いたるところに紙クズがあり、彼らはゴミ箱の中をあさっていました。床にはいくつかの壊れた天井タイルが落ちていて、倒してあったコンピューターのモニターもありました」と語る。

関連動画
Masked Bandits Break Into Redwood City Bank; Raccoon Caper Caught On Camera




銀行の貴重品などに被害はなく、アーモンドクッキーぐらいで済んだようだが、いくつかの謎が残るという。

それは2匹のアライグマがどうやって銀行の最先端のセキュリティシステムにひっかかることなく内部に入り込み、クッキーが入っていた専用の容器から商品を引き出したのかという点だ。

「銀行の外にある土手の木に泥だらけの足跡がありました。同じ足跡は銀行の床にもありましたので、どうにかして入り込んだのでしょう」

と前述の広報担当者は語る。また、アライグマは器用で知能も高いため、どこかでよく似た容器を開けることを学習した可能性も考えられるそうだ。

その後も10分ほど銀行の周りでアライグマとの追いかけっこがあり、いくつかの備品が倒れるような被害があったそうだが、アライグマは自然に帰ったそうだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©KPIX CBS SF Bay Area YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る