友人Mちゃんの生霊が頓着なく私のところに現れる…(後編)

投稿 大阪 ももさん
前編から続く・・・

再び登場

前回同様、Mちゃん家にストレス発散に泊まりに行ったときのこと。30代ごろでしょうか。

あの生霊体験が怖かったので、あの後泊まりに行った翌日は、出勤前までみているTVを消さずにつけておいてくれと頼んでおりました。TVついたままでも寝れる体質だったので、Mちゃん出勤後いつも朝の情報番組がつけっぱなしでした。

TVは「とくダネ!」が始まったのを覚えています。

そのとき、またいきなり金縛り。とくダネの小倉さんの声は耳に入っていながらの解くことのできないキツイ金縛りが私を襲いました。目は閉じているけど部屋のすべてが見えています。前回は台所からでしたが、今回は私が寝ているベットの横にあきらかに人の気配。

朝とはいえ、カーテンをひいていたので暗がりですが私の方を向いている!

(ヤバイ!こんどこそ幽霊?)と思いきやその気配は横に少しずつずれながら、手を左右上にあげつつのインベーダーのようなダンスを始めたのです。まるで「こっちみて!」みたいな雰囲気でカクカク変な動きしながら・・・。

今回は苦しさとともに腹が立ちました。

「もう!いいかげんにしてよ!出て行って!」




すると、ピタッとダンスをやめて、すごすごと申し訳なさそうにでていきました。今回も玄関の鍵かけてでていきました。

金縛りが解け、TVからは小倉さんの声が流れていました。Mちゃん帰宅後、なんか考えてなかったか問いただすと・・・私があまりに気持ちよさそうに寝てたので、電車の中で(ええなあ、あたしも今日仕事いきたくないわあ。あんなに寝てたらいたずらして起こしたくなったなあ)と思っていたそうです。

なので、ダンスしていた件を話すと「こんな感じ?」と言って、踊りだしたのがあのインベーダーみたいなダンスそのものだったために、(前回を含めてMちゃんは生霊本当に無意識にとばしてるんや)と確信。

それと正直、もう金縛りでクタクタになるから緊急でなければ極力考えないでと懇願しました。

Mちゃんが躍ったダンスが私が体験したものとドンピシャにそのままだったのは本当にびっくりしました。

Mちゃんは未だに(50代)心霊体験もゼロ、金縛りもあったことがなく、心霊写真特集とかみてもどこにそんな顔ある?みたいなタイプです。(※敏太郎先生のチャンネル登録はぬかりなく宣伝して登録させました)ただ、不思議現象を否定することはなく、信じているけど全く感じたことない人です。

そんな人ですが、生霊を3度も無意識にとばしてきたので、当時、「金縛りとはとても苦しいものなのだよ」と説明。本人はそれまで私は喜んでいると勘違いしていたとのことです。

そんなオカルトに無頓着なタイプで飛ばせるとなると、本人も気が付かないほどの念や想いの強さがあるのかな、と思っています。ただ無意識ほど怖いものはありませんから。

私の生霊のイメージはMちゃんの体験から「恨み」みたいなものばかりではなく、その人を気遣う想いみたいなものもかなりあるのではないかなと思っています。人からすると、そんな体験こじつけだよ〜とか言われそうですが、たしかに気配があり、音がしていました。実体験でした。

残留思念という考え方もあります。どう違うのか私にはよくわからないですが生霊が飛んできたのだと思っています。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©StockSnap PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る