ロシアのマイクロ波兵器?CIA職員らを苦しめた「ハバナ症候群」とは

2019年、オーストラリアを訪れていたアメリカの複数のCIA職員が、ホテルに滞在中に奇妙な体調不良を起こすという事件があった。

その症状は急に耳鳴りがしたかと思うと猛烈な吐き気に教われる、というものである。調査の結果、この症状は「ハバナ症候群」と同一のものと発表された。

2016年後半から2017年にかけて、キューバのハバナにてアメリカとカナダの大使館職員らが奇妙な音を耳にしたと同時に頭痛やめまい、吐き気に襲われるという症状が発生、「ハバナ症候群」と名付けられた。トランプ政権はアメリカの外交官が標的にされたとしてキューバ側を非難、職員の帰国とキューバへの渡航警告を出すなどの対応に出たため、アメリカとキューバの関係が非常に悪化することとなった。

だがこの時、「ハバナ症候群」の症状がある種の衝撃波やマイクロ波を受けたときの症状に似ていたため、何らかのマイクロ波を放射する武器が用いられていたのではないか、という説があったのだ。

その翌年、2018年にも中国に滞在していた外交官やその家族が同様の症状に襲われ、当時CIA長官だったマイク・ポンペオ氏も「ハバナ症候群と非常に類似している」と認め、職員と家族を中国から撤退させた。しかし、この対処は後に「健康事故」扱いになっていた。

だが、今年になって2019年のケースでも「ハバナ症候群」と同様の症状が確認されただけでなく、ホテルの部屋の近くでモスクワの連邦保安局(FSB)のエージェントが確認されたという報告がされた。さらに2人の職員が後に台湾に旅行に行ったとき、同じ事態が再び発生したとも言われている。

これらの結果を受けて、オーストラリア戦略政策研究所のピーター・ジェニングス氏は「これまで『ハバナ症候群』と言われていたものはロシアの諜報活動によるものである可能性が最も高い」と述べている。

アメリカとロシアの関係は、かつての冷戦期のように悪化していくのだろうか。政府やCIAは継続して調査を行っていく予定だという。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Andy Leung

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る