ペットの猫が捕まえたヘビ、頭が二つだった!

白と黒のまだら模様、鮮やかな美しい赤色の瞳をしたヘビ。ただ一ヶ所、奇妙な点があるーーこのヘビには頭が二つあるのだ。

こちらはアメリカのフロリダ州パームハーバー在住の女性が州の野生生物当局に持ち込んだものである。女性の飼い猫が散歩から帰ってきた時、獲物として生きたまま捕まえてきたものだという。

A rare two-headed southern black racer was recently found at a residence in Palm Harbor by Kay Rogers and family. This…

FWC Fish and Wildlife Research Instituteさんの投稿 2020年10月21日水曜日




女性が地元メディアに語ったところによると、「私の娘が私に『お母さん、猫が二つの頭のヘビを連れてきた』とメッセージを送ってきたんです。うちの猫は確かにやんちゃな猫でした」とのこと。

フロリダ魚類野生生物保護委員会の担当者によれば、この奇形は一卵性双生児で産まれるはずだった胚が分離できず、頭が単一の体に結合したままになるという胚発生中に生じた奇形だという。頭は完全に別物のようで、両方の頭の舌は共に反応するが、同一の動きを見せるわけではないという。

「2つの頭になってしまったヘビは、2つの脳が異なる決定を下すため、餌を捕まえたり、捕食者から逃げたりする決断を互いに阻害しあうため、野生で生き残る可能性は低いです」と担当者は語る。

現在、フロリダ魚類野生生物保護委員会はこの珍しいヘビの世話を行っているそうだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©FWC Fish and Wildlife Research Institute Facebook

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る