狼男か?アルゼンチンとブラジルで奇妙な生物が撮影された!

先日、アルゼンチンとブラジルの2国から正体不明の生き物を捉えた動画が寄せられて話題になっている。

問題の動画は画像/動画共有サイトImgurにアップロードされ、後に海外のUMA情報を集めているブログPhantoms and Monstersで取り上げられて注目を集めた。残念ながら、どちらの動画も投稿者がそれほど情報を明らかにしていないため、詳細についてはほとんど解らない。

Messed up wolf with part 2




Messed up wolf

しかし、2つの動画のどちらに映っている生物も、アルゼンチンとブラジルだけでなく南米のさまざまな国の生物と相違点が確認できるという。また、どちらの動画も別々の時期に撮影されたとみられており、直接関係はないそうだ。

1つ目の動画は、背後に流れるノイズから判断すると、郊外で撮影されたものと考えられている。動画では、耳と目が目立つかなり大きな生物が、庭の塀や家具の後ろを動き回って姿を消す様子が捉えられていた。2つ目の動画では、奇妙な生物が暗闇の中で、ある葉の陰から一時的に出現する様子が捉えられている。

これらの動画に映った生物が何かは解っていないが、どちらも「オオカミに似ている」という声が多いようだ。

確かに疥癬などの皮膚病にかかったオオカミがこの生物のような見た目になる可能性はある。しかし、オオカミは南米大陸には生息していないし、野犬などであったとしてもかなりの大きさになると見られている。そこから、南米で目撃証言が相次いでいる狼男ではないか、という意見もよせられているそうだ。

果たしてこの生物の正体は何なのか。ぜひ動画で確認してほしい。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©whatislife09 / Imgur

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る