コロナ封鎖された街の『狼男』騒ぎ…一概に集団ヒステリーと断言できず

以前、アトラスではメキシコにて狼男が目撃された、という件に関して紹介した。

海外の妖怪としてメジャーな狼男だが、中には現代でも実際に目撃されたという事例も報告されている。特に中南米では今でも目撃証言が報告されることがたびたびある。

新型コロナ禍の最中、メキシコで狼男が目撃された!?

問題の狼男騒動が起きたのはメキシコのチアパス州コイタの町。約2メートルの身長で非常に俊敏であり、屋根の上を移動したり「大きな恐ろしい吠え声を聞いた人々が空中に発砲したとメディアが報じている」という報告もある。

専門家によると、新型コロナウイルス感染症のパンデミックに伴う都市封鎖によって悪化した「集団ヒステリー」である可能性が高いとのことなのだが、爪痕や足跡の写真が撮影されている事から「全てが集団ヒステリーと言えないのではないか」という意見も存在している。




海外のUMA研究家からは、北米大陸に生息している犬のような頭部を持つ獣人UMA「ドッグマン」との類似性が指摘されている。かつて中米のプエルトリコで目撃されたチュパカブラがいつの間にか海を越えて北米大陸などで目撃されたように、国境を越えてUMAが移動した可能性も考えられるという。

いずれにせよ、コイタ当局は継続して該当する地域に警察官を派遣してパトロールを行っており、住民が安心して過ごせるように尽力しているとのこと。今後、狼男騒動はどうなっていくのだろうか・・・。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©DangrafArt PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る