アイアンマンが地上に落下!?インドのフライングヒューマノイド騒動

世界中で目撃されているUMA、フライング・ヒューマノイド。文字通り上空を人型の生物らしき物が移動していくというもので、正体についてはエイリアン説からジェットパックを背負った人間説まで様々だ。

そんなフライング・ヒューマノイドが地上へ降りてくる瞬間が目撃され、騒動に発展するという自体がインドで起きていた。

先日インドのダンカウルの町にて、地元の住民が住宅地の上空に浮かぶ謎の人型物体を目撃。皆、口をそろえて「エイリアンが地上に降りてきた!?」と噂になり、次第に高度を下げて運河に着陸した時には現場は相当なカオス状態になっていたという。そのため、住民からの通報を受けて駆けつけた警察や地方自治体の関係者が現場に到着するまではかなりの時間がかかってしまったそうだ。




その後、警察は現場をあらためて「地上に降りてきたエイリアン」を捕獲。メディアにそのエイリアンの姿を発表した。

人々を恐れさせた、空から降りてきたエイリアンの正体は・・・なんとアイアンマンの形をしたバルーン。一部が破損して徐々に空気漏れしながら下降してきたため、人型の物体が点から降りてくるように見えたのではないか、とのことだった。

何ともお騒がせな事件ではあるが、パニックが大きくなりすぎて二次的な事故が起きかねなかったとして、警察はこのバルーンがどこから来たものなのか捜査する予定だという。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©NDTV.COM Twitter

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る