火星の地下から漏れた光の柱?探査機が撮影していた奇妙な現象

2014年4月、火星にて奇妙な瞬間が探査機の撮影した写真に捉えられていたことが判明した。

白黒の画像をよく見てみると、暗い色の火星の地表に白い何かが存在していることがわかる。拡大してよく見てみると、底部が平らになっているようだ。

この白く光る物体について、人影ではないかという意見と共に、火星地表に開いた穴から上向きに光が漏れているのではないか、という説もあるようだ。

関連動画
Unidentified Light Source on Mars




火星の地下に知的生命体が隠れ住んでおり、私たちと同じように地下空間を光で満たしている可能性があるというのだ。よって、隙間から漏れ出た光が小さな光の柱を作ったのではないかと考えられている。実際、画像をよく見ると太陽光の反射や何らかの物体ではないことがわかる。

海外のUFO研究家からはNASAによる調査を希望している。火星に生命を発見することを目的としているならば、疑わしい物体が捉えられた地点を再度探査機などで確認すべきではないかと訴えているが、その提案はなかなか反映されないようだ。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Streetcap1 YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る