『ヒーリングっど♡ハートプリキュア』であの野球漫画パロディが!

2020年10月18日に放送された、アニメ番組『ヒーリングっど♡ハートプリキュア』(テレビ朝日)劇中のある演出が話題になっている。

プリキュアシリーズ第17作目の『ヒーリングっど♡ハートプリキュア』は、「生きる」および「治療(ヒーリング)」がテーマになっている。主人公のキュアグレース=花寺のどかは、幼少期の頃は病弱で長期入院をしていた過去があり、運動神経が苦手という過去のプリキュアシリーズの中でも類を見ない珍しい設定で、このことからもファンから大いに注目を集めている。




この日に放送された、第29話「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」では、元気になったのどかが今まで以上にランニングや体力作りを頑張るようになる話だった。

そのため、のどかは敵との戦いのため体力作りのためにいつもより大きなお弁当を用意するのだが、そのお弁当の大きさというのが「驚異的」「放送事故レベル」だとネットで話題になったという。

というのも、のどかの弁当サイズというのが、実に彼女の顔の大きさ以上もあり、ともすればのどかの身体の大きさくらいのサイズ感があったのである。




いくらアニメでも規格外の大きさだったためにネットに上では「明らかに弁当の大きさおかしいだろ」「作画班がサイズを間違えた」とスタッフ側の演出ミスも疑われるほどであった。

なお、今回の巨大弁当ネタは、もしや昭和の野球アニメの金字塔である『ドカベン』をパロディ化したものであったのでは?(※花寺のどかの弁当=どか弁=ドカベン。なお、ドカベンとは「ドカッと大きな弁当箱」という意味)といった、嘘かまことかわからない都市伝説まで生まれていた。

今後の『ヒーリングっど♡ハートプリキュア』もどのようなパロディが飛び出すのか、要注目である。

(文:江戸前ライダー 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©gamene

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る