【石ちゃん発奮】『メレンゲの気持ち』終了で「通りの達人」引越し?

2020年10月15日、毎週土曜日に放送されているバラエティ番組『メレンゲの気持ち』(日本テレビ)が来年2021年3月をもって最終回を迎えることになった。

1996年4月6日から放映が開始された日本テレビ屈指の長寿番組が突然、終了報告されたことにネット上では悲しみの声が現在までも相次いでいる。




『メレンゲの気持ち』といえば、久本雅美ら女性タレントらの軽快なトークのほか、ホンジャマカ・石塚英彦が街の飲食店を訪ねる「通りの達人」が大人気コーナーである。

今回の『メレンゲの気持ち』最終回により、自動的に石塚の「通りの達人」も終了を迎えると考えられる。

ところが、「通りの達人」は石塚を代表する番組のひとつであり、また多くの老若男女から愛されているこのコーナーがどこか別の番組に移籍する可能性もあるのでは…と噂され始めたのだ。

ご存じのように、今年の2月以降は新型コロナウイルスの影響により街中のロケが出来ない状況だったが、最近では少しずつ注意しながらも再開している。また、すでに20年以上もこのコーナーを放送してることから、近年では食品工場や食品会社のレポも行うなど、企業から番組への信頼度がますます高くなっていて、現状では話題の「ネタ切れの心配」が無いといわれている。




このことからも、別番組への引っ越しは十分にあり得そうだ。

来年は25年周年を迎えるくらいの長きに渡り、土曜のお昼に多くの視聴者を楽しませてくれた『メレンゲの気持ち』。ラストはどのような形で番組フィナーレを迎えることが出来るのか、ファンならずとも今から楽しみである。

(文:江戸前ライダー 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『通りの達人

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る