【ロシア発】3つの願いを叶える「魔力を持つ猫」高額で売り出された

ロシアにて、自分の飼っている猫を日本円に換算して約1300万円で譲る、という衝撃の広告が出されて話題になっている。

問題の広告はロシアの求人広告プラットフォームAvitoに掲載されているもので、依頼主はノボシビルスク在住の女性である。彼女は自分の飼い猫のVinsikが「人の願い事を叶える力を持つ」魔法の猫だとして、希望する方に前述の金額で譲りたいと主張しているのだ。

飼い主の女性によれば、猫の不思議な力に気づいたのは全くの偶然だったという。一度、アパートを探していたがどうしても見つからなかった時に、飼い猫に「願いを叶えて」と言ってみたところ、翌日には話がトントン拍子で進み、1ヶ月後には希望通りの新しいアパートでの生活を行う事ができたそうだ。




彼女の猫がなぜそんな不思議な能力を手に入れたのかについて、女性は「この子の母猫は本物の魔女のように真っ黒だったから、母猫から引き継いだのかもしれない」と語っている。

女性は以来9年間連れ添ってきたそうだが、飼い猫の願いを叶える能力には制限があることにも気づいたという。まず、ちゃんと世話をして連れ添ってやること。そして、願いは3つまでしか叶えられないことの2点だ。飼い主の女性は、叶えたい願いを既に使い切ってしまったと判断したため、「叶えたい願い事があって、猫を可愛がってくれる人」にこの猫を譲ることにしたのだという。

しかし、そのために必要な金はあまりにも高額だ。容易に支払える金額ではないため、「本当は女性は猫と離れたくないのでは?」との声も出てきている。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©xiruwin PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る