「アメリカの核施設群上空をUFOが偵察していた」!?元上院議員証言

近年、米軍基地の周辺でUFOとおぼしき謎の飛行物体が確認されることが増えている。

米軍が開発した秘密兵器なのか、それとも米軍の様子をエイリアンが監視しているのか。そんな疑問に元アメリカ上院議員のハリー・リード氏が回答。その衝撃の内容に注目が集まっている。

リード氏はドキュメンタリー番組のインタビューにて、UFOは米軍の核兵器サイトの周辺に出現した事もあったと証言。「もし大統領から迎撃のために核兵器の発射を求められていたとしても、それはできなかった」と述べている。

関連記事

元上院議員ハリー・リード氏 米軍のUFO動画についてTwitterで言及




ハリー・リード氏はかねてより「UFOをアメリカの国防に関する問題として捉え、研究と調査を行うべき」と主張している人物でもある。確かに米軍基地や核サイトに謎の飛行物体が侵入、偵察しているような事が確認された場合、正体を調査することは最優先事項となるだろう。

リード氏はその上で米軍は調査してきたUFOに関する情報をアメリカ国民に公開すべきと考えているようだが、さすがに機密事項となるため公開は難しいのが現状のようだ。

国防総省のスポークスマンのスー・ゴフ氏は、「アメリカ国防総省と軍事部門は、許可されていない航空機による訓練範囲または指定空域への侵入を非常に真剣に受け止め、各報告を調査している」と述べており、「観察された物体の正体がすぐに特定できない場合、UAP(未確認航空現象)として報告される事もある」と回答している。

関連動画
Reid: ‘UFOs interfered with US nuclear program’
Sneak Peek: Senator Harry Reid’s Bombshell Reveal in THE PHENOMENON

(飯山俊樹 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Center for American Progress Action Fund

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る