新型コロナウィルスで支持者が拡大!?政治的陰謀論集団「Qアノン」

11月3日、アメリカ大統領選挙がいよいよ開催される。現職大統領であり共和党のトランプ氏と、民主党のバイデン前副大統領との一騎打ちになっているが、ここにきてトランプ大統領が新型コロナウィルスに感染。

公務のみならず選挙活動も難しくなっており、バイデン氏が票を伸ばすと思われるようになった。ところが、入院からわずか3日でトランプ氏は退院を強行。今週から選挙活動に戻ると考えられている。

そんな中、懸念されているのが最近若者を中心に支持者を増やしている集団「Qアノン」だ。

彼らはSNSを中心に活動する集団であり、極右傾向の政治的主張を伴う陰謀論を唱えている。中でも強権的な発言の多いトランプ大統領は彼らの中で救世主的に祭り上げられる存在となっており、「悪魔崇拝の政治家や赤ちゃんの血を飲むハリウッドスターと裏で戦っている」と信じられているのだ。

「Qアノン」はアメリカで信じられている陰謀論の一つ「ピザゲート」から生まれたとされている。




「ピザゲート」とは「全米にチェーンのある人気のピザレストランの地下には児童買春組織の拠点があった」という陰謀論で、信奉者の一人が逮捕された事を受けて他の支持者が暴走した事もあった。その後、「ディープステート」をはじめとする他の政治系陰謀論も取り込みながら、支持者を増やしていっている。

「Qアノン」の支持者は今年になって急激に増えており、その理由として新型コロナウィルスが関係しているとみられている。新型コロナウィルス感染症に伴う都市封鎖で外出規制が行われたことにより、ネットを利用する人が増えたため、SNSを中心に活動している「Qアノン」の支持者も増えたと考えられている。

現在「Qアノン」の支持者が選挙応援活動に参加するようになり、「陰謀論を信じ込んで過度に攻撃的な手段に及ぶのではないか」と懸念する動きも出ている。幸い、トランプ大統領の病状は回復傾向にあるようだが、もし病状が悪化したり、または今回の大統領選挙で敗れたりすれば、多くの信奉者が暴走する危険性は捨てきれないと考える専門家は多い。

11月のアメリカ大統領選でアメリカ社会はどう動くのか。多くの人が注目している。

関連動画
#̷̧̢̼̤͈̼̫̋̾Q̸̼͔͕̗͚̟̉̄̄͝a̷̞̗̺̐̔̚ṇ̶̨̢̦͚͚̜͇̯̉̓̑̉̏͋̕͝ö̴̡̟̥͔̟̞̯̠̳́ͅṇ̵̫̭͔̈́̓͆̄̈́̋̈́̓͘͠ が流行ってるからQアノンについて解説

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©marcn

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る