ついに「湖から顔を出すネッシー」が撮影された!

未確認生物の代表格とも言えるネス湖のネッシー。ここ数年は目撃証言や撮影が相次ぎ、「ネッシー当たり年」とも言える状況が続いていたが、今年は新型コロナウイルス感染症の関係でネス湖を訪れる人が減少してしまったため、公式に「ネッシーである」と認定される目撃証言は昨年よりは少なくなってしまった。

しかし外出制限が一時的に解除されたため、ネス湖周辺にも観光客が戻りつつあるようだ。観光客や人出が戻ると、ネッシーの目撃証言も増えるようで、現地の人や旅行客から「ネッシーらしき巨大な生物の姿を見た」という人が出てきていた。

先日、アトラスでは9月19日にネス湖を訪れていたカップルが湖の中に「バスのように大きな生物」が泳いでいる様子を目撃した、という証言を報告した。




この時は、画像などの証拠はなかったものの、目撃者が多数存在していたため信憑性の高い証言という見解が寄せられていた。そしてこの目撃証言から間を置かずして、ネス湖で「奇妙な生物を目撃、動画に捉えることに成功した」という証言が寄せられたのだ。

問題の動画は9月30日にYouTubeに上げられたものである。動画の中には湖の中で首を伸ばしたり引っ込めたりする、黒い生物らしきものの姿が確認されている。

関連動画
Loch Ness monster

興味深い事に、この生物が目撃された地点は、前述の「バスのように大きな生物」の目撃された地点と非常に近いとのことだ。とすると、この地点でネッシーが活性化しているため、多くの人に目撃されているのだろうか。

撮影者は「もしかすると流木だったのかもしれない」と語っており、動画に捉えられた生物の正体は本人も解らない様子だった。果たして、動画に捉えられたものの正体は何だったのか。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Louise Glen YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る