【過剰な報道では?】人気アニメで速報テロップ!子供たちはどう思う…

2020年9月27日午前8時ごろ、女優の竹内結子さんが東京都内の病院で死亡したことが報道された。

死因は今のところ明らかになっていないが、自宅での自殺の可能性もあることから、警察が慎重に調べているという。

竹内さんは1999年にNHK朝の連続テレビ小説「あすか」でヒロインに抜擢された。以降、様々な映画・テレビドラマまたアメリカでも人気ドラマに出演し、演技派女優のひとりとして好感を持たれていた。またテレビコマーシャルなどでもコミカルかつチャーミングな魅力をお茶の間に披露していた。




各局は速報扱いで彼女の死去のニュースを報じた。日本テレビでは『シューイチ』で、TBSでは『サンデーモーニング』が生放送番組であることから予定を変更し、速報扱いでニュースを伝えた。

また、他の民放局も即時テロップによるニュース速報で死去を報じたのだが、なかにはその報道が思わぬ結果をもたらしてしまうことあったようだ。

テレビ朝日では同時間、女児向けアニメである『ヒーリングっどハートプリキュア!』を放送していたのだが、この番組でもやはり竹内さん死去のニュースが速報のテロップで報道された。




もちろんこの番組は子供たちと一緒に視聴してる親御さんも多いはずであるが、メインの視聴者は小学生である。このことからも「女優の竹内結子(40)さんが死亡。自殺とみられる」というような、突然の訃報に怖くなってしまった子供たちやその家族が多くいたという。

確かに重要な速報ではあるが、自殺とは縁のない世界であった『プリキュア』だけに、ネット上では「影響を考えたら速報で流すような内容ではない気がする」といった声が相次いでいた。

(文:江戸前ライダー 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

いのちの電話 【相談窓口】 「日本いのちの電話」 ナビダイヤル 0570(783)556 午前10時~午後10時 フリーダイヤル 0120(783)556 毎日:午後4時~同9時 毎月10日:午前8時~翌日午前8時

画像©Dick Thomas Johnson

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る