15日不眠を強制されるとこんな感じに…「ロシア睡眠実験」の眉唾話

全身に手術痕らしきものがある人物が、ベッドに腰掛けてこちらを向き、歯を剥いて笑っている・・・この白黒写真を見た事のある人は少なくないのではないだろうか。

下記動画のサムネイルは過去にロシアで行われた、「睡眠抑制ガス実験」の実験台になった人物である。

1940年代、旧ソ連の実験施設である薬物の研究が行われていた。ある種の覚せい剤を投与することで、眠る事もなく、疲労を感じる事もない兵士を生み出せるようにするというものだった。

関連動画
“The Russian Sleep Experiment” | IReadCreepyPastas




ソ連は5人の捕虜を実験室に隔離し、覚せい剤の成分が入ったガスを室内に充満させた。数日間は何の問題もなく捕虜たちは元気に過ごしていたのだが、5日ごろから様子がおかしくなってきた。

幻覚やパラノイアの兆候を見せ始め、9日目には捕虜たちが絶叫したかと思うとそこから数日間、恐ろしい沈黙が実験室を支配した。観測用のカメラに捕虜が映る事はなく、何の反応も見せなかった。実験期間は30日の予定だったが、半分の15日になったところで中止が決断された。

捕虜たちに実験を中止するので出るように呼びかけると、「もう解放されたくない」という返答があった。研究者がガスの供給を止めて新鮮な空気を送り込むと、逆に捕虜たちは悲鳴を上げてガスを送ってくれるように懇願。異様な様子に実験室の扉を開けた研究者たちが見たものは、自分で自分の体を裂き、臓物を食べようとしている捕虜たちの様子だったという。

彼らは自分で自分を傷つけながら「起きていなければならないんだ」と語ったそうだ。写真の不気味な人物は、この惨劇の中で唯一最後まで生き残った捕虜の姿なのだ。




あまりに不気味かつショッキングな写真とエピソードなので、ご存知の方も多いのではないかと思う。しかし、この話は全くの作り話なのだ。海外の創作怪談が集まるサイトに画像付きで投稿されたのが初出であり、旧ソ連でこのような薬物が開発された事実も、実験があったという記録も存在しないという。

では、この不気味な捕虜の写真はどこから来たものなのか。実はこの「捕虜」は「Spazm」という拘束具をつけた不気味な等身大の人形で、ハロウィン用のおもちゃだったのだ。日本ではかわいいお化けのイメージもあるハロウィンだが、海外では脅かすために本気度の高いリアルなお化けのおもちゃが使われる事もある。

このハロウィン用の人形を白黒で撮影した上にレトロな加工をしてそれっぽく仕上げたものが、被験者となった哀れな捕虜の正体だったのだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©insomnia PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る