【放送事故か?】EDテーマ流れず、ただ「お疲れ様」がスタジオに響く

2020年9月15日に放送された朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ)で、終了間際に放送事故のようなものが発生したと話題になった。

この日の番組は特に何のトラブルもなく終了。占いコーナーから、引き続きエンディングに差し掛かったときだった。

エンディングでは水卜麻美・日本テレビアナウンサーのダイエット話に花が咲き、そして番組MCの加藤浩次から「それではスッキリまた明日です」と挨拶があった。




通常であれば、ここで番組のエンディングテーマ曲である安斉かれんの「GAL-TRAP」が流れる、というのがお約束なのだが、なぜかこの日は楽曲が流れず、加藤たちの笑い声と何度も「お疲れさまでした!」という声が放送されていた。

『スッキリ』で春菜がどこかに消えた!

恐らく、音声の切り替えミスからテーマ曲に移行せず、代わりにスタジオにいる出演者全員のピンマイクがONになっていたことから、「お疲れさまでした!」と各々の声がオンエアされてしまったようである。




この後、ネット上には「普段、終わった瞬間ってこんな感じなのか」「裏話が聞けたみたいでラッキー」という声が相次いだという。

番組が無事にやり遂げられたことに対し、出演者たちから発せられた安堵の感情が視聴者にはなんとも微笑ましかったようだ。

この日も番組にかかわるすべての出演者やスタッフはさぞスッキリと終了したに違いない。

(文:江戸前ライダー 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©Dick Thomas Johnson

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る