【ファン歓喜】『ポケモン』枠移動でテレ東ばく進!ついでにあのアニメも

2020年9月13日、大人気テレビアニメ『ポケットモンスター』(テレビ東京)が今年10月の放送から現行の毎週日曜18時から毎週金曜日18時55分に移動する事が発表された。

今回『ポケモン』の放送枠が移動となるのは、2018年10月7日以来、2年ぶりのことだ。

突然のこの発表にネット上では一部の番組ファンやポケモンファン達から反対意見が出ているという。しかし、その一方で今回の枠移動に関しては好意的な声も相次いでいる。




現在、ポケモンが放送されている日曜18時は裏番組として『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ)が放送されている。

そのため放送枠が移動した2018年の当初は「『ポケモン』と『ちびまる子』の放映時間が被ってしまいどちらか選択しないといけない」という視聴者が多くいた。

今回移動する新しい放送枠は金曜日18時55分という事で、裏番組にアニメは放送されていない。

2019年9月6日までは、同枠には『ドラえもん』(テレビ朝日)が放送されていた。しかし、現在は他局のアニメがないことからライバルは皆無となり、キッズ達の悩みは解消されるはずである。




また、10月からポケモンが放送される30分前の毎週金曜18時25分からは同じキッズに大人気のアニメである「妖怪ウォッチシリーズ」の『妖怪学園Y 〜Nとの遭遇〜』も放送されている。

そのため、10月からテレビ東京の金曜夕方は、妖怪ウォッチ~ポケモンという、キッズアニメの盤石の体制になることは疑う余地もなく、放送局はもちろん、広告スポンサーからも今から大いに期待されることは間違いなさそうだ。

(文:江戸前ライダー 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©Arjan Richter

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る