【虹の橋】「カメラに捉えられた、愛犬のそばで起きた不思議な現象」

『虹の橋』伝説

伝説によると、私たちが愛した動物たちが現世に別れを告げると、最後の力を振りしぼって『虹の橋(レインボーブリッジ)』を渡ります。

この橋の向こう側には、仲間たちと走ったり、遊んだり、無邪気に楽しむことができる牧草地や丘など、全ての生き物が心地よく過ごせる広大な土地がそこにあり・・・そして、豊富な食べ物、水、太陽の光があると言われています。

さらに伝説によると、生前に病気、事故、または重篤なケガで苦しい思いをした動物たちは完全に回復し、喜びにあふれているそうです。ただし時々、飼い主のことを思い出して感傷的になることもありますが、私たちが愛した動物たちはとても幸せな来世を過ごしています。

そして、いつか私たちが虹の橋を渡るその日が来るとき、かつて愛した動物たちはそこで私たちに会ったとたん、喜びの声をあげてキスの嵐を浴びせ、その後は二度と離れることはないでしょう・・・




(※下記投稿は2020年9月公開のものを再度掲載させていただいています)

動物は人間よりも幽霊に敏感だ、という話がある。ペットの犬や猫が何もいないところをじっと見つめていると、我々には見えない「何か」がそこにいるのではないかと思えてしまうものだ。もちろん、動物であっても幽霊に気がつかないことも多いようだが・・・。

こちらはとある海外の家庭で撮影されたペットカメラの映像である。2匹の小型犬が窓の外に気づき、ソファの背もたれから窓へ駆け上がって吠える様子が捉えられている。

関連動画
Dog owner spooked after spotting ‘ghost’ teasing pups on camera

非常に微笑ましい光景だが、その足下でソファにかかっていた毛布が奇妙な動きを見せる・・・その動きはまるで、毛布の下にいた何かが犬から姿を隠すようだ。犬が駆け回ったタイミングともずれているため、振動が伝わったものとも違う。

だとすると、動画に映ったのはやはりなにか目に見えないものだったのだろうか?飼い主はこの動画をSNSにアップし、「心霊現象が映ってしまったかもしれない」とコメントしている。

彼女によれば、実はこの動画が撮影される前に長年一緒に飼っていた猫を亡くしているそうだ。ソファの下で丸くなることが多かったそうなので、「幽霊になってもなおお気に入りの場所から離れないのかもしれない」と語っている。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部 犬物語)

画像&動画 Titan News / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る