画像©Internet Archive Book Images

かの著名な予言者ノストラダムスの予言に伊勢神宮に関する予言があることをご存知か。

本題に入る前に、日ユ同祖論について簡単に説明しておきたい。「失われたイスラエル10支族が辿り着いたのは日本ではないか?」という説だ。「失われたイスラエル10支族」とは旧約聖書に記された12部族のうち、ユダヤ人が世界で流浪の民となってから、行方が知られていない部族である。

特に伊勢神宮がある東経136度や淡路島の東経135度付近には、神道の儀式にユダヤ教と類似する点が多かったり、ユダヤ遺跡が発見されている。神道もユダヤ教も「ダビデの星」=六亡星を重宝し、神主と古代イスラエルの祭司の礼服は類似して白衣装に袖に「房」があり、塩を「お清め」に使う風習もユダヤにあり、拝礼の仕方も類似し、お神輿のルーツはユダヤの「契約の箱」だと言われている。


画像©Scouse Smurf

1952年10月には淡路島でユダヤの漬物石が、後日にダビデの紋章の入った指輪が発見されたイスラエル塚がある。更に、近隣に「灘油谷(なだゆだや)」という地名まである。

日本人とユダヤ人との大きな違いは、神道が多神教、ユダヤ教が一神教だという点だが、聖書の神話は多神教のシュメール神話をもとにしていて、日本・ユダヤともシュメールが起源だという説もある。かつて、天皇は「スメラミコト(シュメール)」と呼ばれていた。

また、日本語は世界でも非常に特徴的な言語だが、へブライ語と類似点が多い。

その特徴は国家「君が代」の歌にも如実に現れる。「君が世」とへブライ語の類似した言葉とその意味を並べると次のようになる。

君が代は    クムガヨワ           立ち上がる
千代に     テヨニ             シオンの民
八千代に    ヤ・チヨニ            神・選民
細石の     サッ・サリード       喜べ・人類を救う、残りの民として
巌となりて   イワ・オト・ナリァタ      神・予言・成就する
苔の生すまで  コ(ル)カノ・ムーシュマッテ すべての場所・語られる・鳴り響く

つまり、並べると、「君が世」は救世主を待つ歌だということがわかる。

立ち上がれ、神を讃えよ!
神の選民 シオンの民!
選民として 喜べ!
人類に救いが訪れ!
神の予言が成就する!
全地あまねく 宣べ伝えよ!


画像©ウィキペディアより引用




さて、ノストラダムスの予言に話を戻すと、次のような予言がある。

「西方の者たちにより宝は運び出され、神殿に隠される。
その場所にある秘密も、隠され、
飢えた徒党は、神殿を開くだろう。
略奪するが、再び取り返される。その中で恐怖の祈祷が」(『諸世紀』第10巻81番)

「雷で櫃の中にある金と銀が熔かされるだろう。
2人いる捕虜の一人がもう一人を食うだろう。
巨大な都市は倒壊し、
艦隊が沈没して、人々が泳ぐ時に」(『諸世紀』第3巻13番)

「黄金で飾られた偉大なる製造物。
略奪の憂き目にあうが、水の中に投げ入れられる。
すさまじい火を放つために発見され、
大理石に彫られた書き付けは、教訓を与える」(『諸世紀』第8巻28番)

「包囲され、略奪され、貴重なる獲得物は、取り返される
それは聖なる出来事の起きる日と変わり通過し、
奪い返され、捕縛される、三つの重なりの地から
さらに、水底からしるしが現れ、権威の存在が引き上げられる」(『諸世紀』(第7巻73番)


画像©Marcelo Kato PIXABAY




「宝」はユダヤの「三種の神器」の「マナの壷」であるといわれてきた。伊勢神宮には「三種の神器」の「真名之壷」が「御神輿」の中に入っているという。「御神輿」は別名「「御船代【ふなみしろ】」と言うが、英語に訳すと「アーク」である。つまりユダヤの「契約の箱」である。

「西にいた物」とは、西方から日本に海を渡ってきたイスラエル10支族を指すのではないだろうか? 

最近になって、伊勢湾の海底にモーセの石版に類似したような遺跡も発見されている。

古代エジプト暦における太陽の復活祭が誕生日(12月25日)であるイエス・キリストと天照大神は、どちらも太陽神の化身である。天照大神はスサノオの激しい気性にお怒りになり、天の岩屋へお入りになると、世の中は真っ暗闇になり(日食)、世界に災いが溢れたという「岩戸隠れ」、そして岩屋からお出になられた「岩戸開き」は「イエス・キリストの死と復活」をも意味しているという。

昔の日本では死ぬことを「隠れる」と表現していた。つまり、「天照大神=イエス・キリスト」である。

ノストラダムスの上記の予言は日本でキリストが再臨し、ついに放浪の民、イスラエル10支族の千年王国が訪れる、という意にもとれる。ユダヤ人であったノストラダムスの予言が実現することになるのだろうか。

(深月ユリア ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血を受け継ぐ魔女占い師。ジャーナリスト、女優、ベリーダンサー、映画・イベントプロデューサーとしても活動

著書
あなたも霊視ができる本 」文芸社
世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに」明窓出版

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る