【謎のポルターガイスト現象】信心深い何かから怒られてしまった私

投稿 コロルさん

山口敏太郎さま、タートルカンパニーの皆様こんにちは。さて今回は、謎のポルターガイスト現象をまとめてみました。

2007年頃のお話し

私はその頃、プロテスタントの教会に通って、聖書の勉強をしていました。マイブーム=キリスト教といった感じでした。

その頃、自分が運営している、絵画教室の初めての作品展にむけて、自分も絵を描くことになりました。今にして思えば気恥ずかしいですが、当時はマイブーム中だったので、「十字架から降ろされた死せるキリストを膝に抱いて悲しむ母マリア」の図、キリスト教用語で言うところの『ピエタ』を油絵で描きました。

キリスト教マイブームだったくせに、宗教色を出さないようにと、十字架を上半分切って、十字架とわからないようにしたヘンテコな構図で描きました。

自宅で描いている時に、同じく絵を描く夫が見に来てダメ出し・・・もとい、アドバイスをしてくれました。

夫は、

「十字架を切るのはおかしい。だったら最初からこういう題材の絵を描くなって話。キリスト教において、十字架は神様を表す形なんだから、十字架は神の形なんだ!」

と、夫は無宗教なわりに不思議と熱く語り始めました。




その時です。私たちがいたアトリエのブラインドが “バチンッ!” と、物凄い音を立てて弾けました。

ブラインドが揺れています。ブラインドの紐が切れていました。

私と夫は顔を見合わせて

「は?何いまの?」
「誰か、熱い想いのキリスト教徒があなたの話に『そうだ!そうだ!十字架描け!』って賛同したのを訴えたんじゃない?」

と私が言いました。あまりにも不思議だったので、その後はお互いにその事を口にせずでした。

また、その絵を見ていた母に覚えたてのキリストの教えみたいな話を、私が、恥ずかしがりながらも語っていた時、今度は少し離れたところに置いてあった写真立てが、突然 “バチンッ!” と凄い音を立てて弾け飛び、バラバラに壊れてしまいました。

母と私は「キャッ!」と悲鳴をあげました。

「何?何?いまの」
「気持ち悪いね」

と怖がるも、あまりにも不思議すぎてポカンとする母と私でした。




そしてそんなこんなで、独りよがりな、つたない絵は八戸市美術館で開催された作品展に飾りました。ところが、十字架が上半分切れてて、意味不明な絵だったし、下手なつたない絵で、反応もなくて、多分すこぶる不評でした。

そして、作品展が終わり、自宅にて額縁専用の箱に入れ大切に立て掛けて保管していました。

何ヵ月かして、ふと、その絵を箱から出してみました。

すると、なんと、キリストを描いてある部分だけが、ガラスがバキバキに割れているのです。良くみると、キリストの心臓のあたりを中心に放射線状に割れています。

絶対に割れるような扱いはしていなかったし、そんな一部分だけバキバキに割れるなんておかしいのです。

それを見たとき、私は「こんな絵認めない!」と誰かに怒られている気持ちになりました。

私は、「すいません、もう、独りよがりに、中途半端にキリストをあつかいません。十字架描かなくてすいません」と誰ともわからない方に向かって平身低頭謝りました。

と同時に、内心(やべー、キリスト教とかあつかうと、生半可じゃない、シャレにならないパワーが渦巻いているんだなぁ)と思いました。

その後、気味が悪かったので、その額のガラスは額屋さんに新品に交換してもらいました。そして絵は、家のどこかにあるような?処分したような?恥ずかしくて、忘れていました。またつい最近まで見つけることが出来なかったのです。

ところが、この間のこと、その絵の画像をなんとか見つけました。画質は悪いですが、画像で添付いたします。

それでは。今回は謎のポルターガイストさんに、怒られた話をまとめてみました。

ではまた。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る