【放送ハプニング】激辛カレー食した奈緒、薄いレスに番組盛り下がり

2020年9月1日に放送された『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(関西テレビ)で奇妙な現象が発生したと話題になっている。

この日、演技派女優として最近、テレビでも露出の多い奈緒が登場。奈緒はカレーが大好物で、特に激辛カレーには目がないということである。このことから、番組は奈緒と番組MCの博多華丸大吉、そして千鳥と一緒に「カレー人狼」を行うことになった。

カレー人狼というのは、誰が通常より10倍の辛さの激辛カレーを食べているのかを当てるという単純なクイズである。




そして、この激辛カレーは奈緒の元へとやってきた。

だが、奈緒は普段から激辛カレーを食べ慣れていることもあり、すっかり辛さに対しては強いようだった。このことから、辛いリアクションがまったく出来なかったため、一時的に現場がプチ混乱。

スープカレーはあの俳優が広めた!?

にもかかわらず、何故か、普通の辛さのカレーを食べた大悟が「ワシが激辛カレーを食べた」と勝手な勘違いの証言をしたことにより、一層現場はカオス状態に。




すると、番組スタッフから「ちょっと確認します!」と物言いが入ることになった。

やはり、激辛カレーは実際に奈緒が食べていた。試しにこの激辛カレーを千鳥と華大が一口舐めたところ、各々が絶叫してしまうくらいの衝撃だったようだ。

この結果、番組の締めは「奈緒の味覚がおかしい」という、実に盛り上がりに欠けた残念ハプニングとなってしまった。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『フィルムカメラ・ライフ 2019-2020 (玄光社MOOK)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る