人身売買に関係か?米ジョージア州で行方不明の子ども39人発見!

アメリカはジョージア州にて、行方不明だった子ども39人が発見されたという報告があった。

米連邦保安局によれば、発見された子どもたちは3歳から17歳。26人の子どもが救出されたほか、別の場所にいた13人の子どもの居場所を特定したとのことである。

今回の捜査に関連して9人が逮捕されており、人身売買や親による子どもの誘拐、薬物・銃器の所持などの罪に問われている。

今回捜査に当たったのは連邦保安局の行方不明の子どもを捜索するチームで、逃亡犯捜索チームや全米行方不明・被搾取児童センター(NCMEC)また州や地元の当局と連携を行っていた。




救出された子どもの中には性的な目的の人身売買や児童労働搾取、性的虐待などの被害者が含まれているとのことだ。居場所が特定された児童らは、現在は危険な状態にないことが確認されている。

米連邦捜査局によれば、米国では毎年約76万5000人もの児童が行方不明になっているという。これは単純計算すると、40秒に一人の子どもが姿を消していることになる。

連邦保安局は2005年からNCMECと連携し、これまでに1800人以上の子どもたちを救出している。

関連動画
“Operation Not Forgotten” recovers 39 missing children, 9 arrests made

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©CBS46 Atlanta YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る