「ティンカー・ベル」が同僚の耳元で飛んでいた!

投稿 とよちゃん

敏太郎さん、タートルカンパニーの皆さん、こんばんは。とよちゃんです。

西洋の座敷わらしとも言える、ティンカー・ベルを一度だけ見たことあります。

もう20年程前の事です。同じ職場にいた、20代後半の独身女性社員さん(Aさんとします)は、ハキハキとしたキャリアウーマンタイプの女性でした。

ある日、Aさんの左耳のヨコ(左肩の上)に、透明な何かが、クルクル翔び回っているのが視えました。透明とは、例えて表現すると、ガラスは透明でも、そこにガラスがあるとわかりますよね。そんな風に見えるのです。

よく見ると、それには大きな羽根があり、手足が細長く、体長も、ティンカー・ベルそっくりなのです。

私はそれまで、ティンカー・ベルはディズニーのマンガでしかないと思っていました。たぶん初めに、ディズニー内部で企画が上がった時に「こんな羽根の生えた、これ位の体長の妖精を見たことがある」と言う証言者のハナシを聞いた上で、マンガに仕上げたのでは、と思うようになりました。

でも、そんなのが、日本人の、ましてキャリアウーマンタイプの人に憑いているのは意外でした。




いつも、左肩からはみ出ない範囲だけを、クルクル翔び回っていて、「あそぼ、あそぼ」と、同じ事しか言わないのです。とても無邪気な様子で、遊んで楽しむ事だけの為に生きてる様な、可愛らしさがありました。

甘いキャンディや、オモチャや、お花を置いてくれるだけで、とても嬉しい、と受け取りました。

でも、Aさんの仕事中にそんな事を教えたら、きっとAさんは平常心を保てないかも、と思い、何も言わずに終りましたが、教えてあげたらよかったと今も心残りです。

もしAさんが、キャンディやオモチャを買ってきて「いつも、ありがとね」と思いを寄せるだけで、ティンカー・ベルは喜んでAさんを守ろうとし、助けてくれたはずです。

そんな、無邪気な幼な子のイメージの妖精でした。

最後までお読み頂き、有難うございました。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©JOE WU

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る