本紙記者が発見!船橋の海に漂着した「フナバシETフィッシュ」

アトラスでは、これまでにも世界各地の海岸に漂着した正体不明の生物について紹介してきた。

今回はなんと、本サイト記者が海岸で正体不明の生物の死体を発見してしまったのである。発見者はATLAS記者である由乃夢朗である。

彼は24日の午後に趣味のビーチコーミング(※浜辺に打ち上げられた漂流物を観察したり、収集したりするアクティビティ)のためにふなばし三番瀬海浜公園を訪れたところ、奇妙な物体が漂着していることに気がついた。

周囲に小魚やカニなどの死体が打ち寄せられていたため、この物体も同様のものかと思ったそうだ。しかし、思いの他大きい生物だったこと、また今まで見たこともない形状だったことから写真に収めたのだそうだ。




大きさは約40〜45センチ程度、全体的に平べったく、肉が多く残っている。表面が白く、細かな繊維質の物体に覆われているように見えるあたりはサイズこそ小さいものの、グロブスターに近いと言えなくもない。

しかし、なにより目をひくのは大きな楕円形の眼窩がある長い頭蓋骨だ。既知の生物と一線を画すフォルムであり、由乃は一見して鳥のハシビロコウを思い出したという。

果たして、この生物の正体は何なのか。

由乃は、魚に詳しい友人もいるのでTwitterに上げれば何かしらの正体が解るのでは、と思ったそうだが、今のところ謎のままだという。

なお、由乃はこの謎の生物に「フナバシETフィッシュ」と名付けている。

事務所では魚のスズキ(ないしはそれに近い魚類)の頭蓋骨である可能性が出ていた。魚の骨はもろく、魚らしいフォルムを形作る上・下顎骨や鰓蓋が外れてしまった結果、奇妙な生物の頭蓋骨のようになってしまったのではないか、という説だ。

もちろん、この説も仮説にすぎないため、他の生物の可能性もある。正体が解る、という方はぜひATLASまでご一報を!

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る