ロシアの宇宙飛行士、宇宙から5機の「UFO」飛来を撮影!?

今回紹介するこちらの動画はニュースやワイドショーで見たことがある人もいるかもしれない。

国際宇宙ステーションにて、ロシアの宇宙機関ロスコスモスに所属する科学者が地球の南半球に発生したオーロラの様子を撮影していた。そして、オーロラが発生する一部始終を連続で捉えたタイムラプス形式の動画だったのだが、地球上に広がっていくオーロラが出現しはじめた頃、5つの正体不明の光点が列をなして横切っていく様子が一緒に捉えられていたのである。

関連動画
Auroras captured from space station – ‘5 Objects’ seen




動画を確認したロシアの宇宙飛行士は「動画にはオーロラだけでなく、他のものが写っているのも見られるでしょう。5つの物体が同じ距離を保って飛行していくように見えます。皆さんは、これらは何だと思いますか?流星、衛星、または…?」と自身のツイッターでコメントしている。

ロシアの宇宙機関ロスコスモスもこの映像が非常に興味深いため、分析を行うことにしているという報告を出している。

「ロシア科学アカデミーの宇宙研究所、ロスコスモスはこの動画や関連資料を専門家に引き渡すことが決定しました。研究者や科学者が見解を発表するまで、結論を出すのは時期尚早です」と広報担当者のウラジミール・ウスティメンコ氏は語っている。

果たして、発光体の正体は何なのか。皆さんも動画を見て考えてみてほしい。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©VideoFromSpace YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る