【芸能都市伝説】『24時間テレビ』志村けん役は演じた俳優は誰だ?

2020年8月22日放送、毎年恒例の『24時間テレビ』(日本テレビ)内で放送された特別ドラマ『誰も知らない志村けん -残してくれたメッセージ-』がなにやら話題になっているようだ。

これは今年3月に新型コロナウイルス肺炎のために亡くなったコメディアン志村けんさんをフィーチャー、同局で放送されているバラエティ番組『天才!志村どうぶつ園』からのエピソードを中心に再現した2時間ドラマである。

主演の『天才!志村どうぶつ園』番組ディレクター役としてジャニーズWESTの重岡大毅のほか、柄本明、相葉雅紀、タカアンドトシ、原田泰造…という志村さんにゆかりのあるキャストが集結し、故人を偲びつつ熱演を魅せた。




なお放送後、ネット上ではあることが話題になった。それは、「本ドラマに登場していた『志村さん役』は、いったい誰だったのか?」ということである。

実は『誰も知らない志村けん』に登場した志村さん役は、キャスト名が空白となっていて、放送後も不明のままだったのである。さらに劇中での志村さんは正面から撮影したカットがいっさい存在せず、すべて後頭部からのカットばかりで、誰が演じているのか全くわからないままだったのだ。

ネットでは志村さん役の最大の有力候補として、志村さんのものまねを得意としている、シソンヌのじろうではないかとの声もあがっていた。

だが、じろうが志村のものまねをする際は、常にカツラを被っている。今回登場した志村さん役の男優は、カツラ着用の跡などが見えないことからじろうの可能性は薄いだろう。




また、劇中の志村さん役は、生前の本人のようにプライベートでは聞こえるか聞こえないか微妙な声でしゃべる癖を完全再現していて、またこの声が同ドラマにも出演していた柄本明のものに似ていたため、声だけは柄本が吹き替えたのではないかという説もあるという。

なお、最も有力な情報としては出演者の中に、他の有名な共演者と並んで「相川裕滋(あいかわゆうじ)」という役者の名前があったことから、見た目がよく似てる相川の姿に柄本の声をかぶせたのが今回登場した志村さんではないかという話があるようだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る