【放送事故】『グッディ! 』生中継であわや絶命…ディレクター労災認定?

2020年8月19日に放送された情報番組『直撃LIVE グッディ! 』(フジテレビ)で放送事故が発生したとして話題になっている。

この日、グッディでは番組開始早々、猛暑が続く日本列島を取材。番組は女性ディレクターをレポーターとして、京都府京都市の渡月橋(とげつきょう)へ派遣していた。

最初は立て板に水のようにスラスラと対応していたマスク姿の豊田綾子ディレクターも、徐々に「かなり暑くて頭がフラフラします」と語ると、手元の温度計はすでに40.1度を指していた。




『Mスタ』井上アナ、お天気森田さんに思いっきりゴマすり

すると、豊田ディレクターは熱中症の症状の寸前だったのだろうか、朦朧として次第に呂律が回らなくなり、「すいません、暑すぎて頭がボケっとしております」と言うと、「スタジオにお返します」と東京お台場のスタジオを呼んだ。

スタジオにいた番組キャスターの安藤裕子はこの状況が理解できなかったようで、「えー!」と突っ込むと、「すいません。もう一度お返していいですか?」とレポートを続行するように指示した。そして豊田ディレクターもまた「返しちゃいますよね、そりゃあ…」と応えると、会話がおぼろげながらも中継を続行し始めた。




だが、どうも豊田ディレクターの様子がおかしいと、ようやくコトの重大性に気が付いた高橋克実や他の出演者たちが「危ないんじゃない?」「休憩したら?」「早く車に入って」と緊急の忠告をし始めた。すると、中継は切れると画面はようやくスタジオに戻ったのだった。

ネット上では「今の中継ヤバかったな」「明らかに熱中症寸前だった」と一時的に大きな騒ぎとなっていたようだ。

なお、何が起こるかわからない生中継だが、今回の場合は一歩間違えれば命にかかわるような大事故になったかもしれない。また豊田ディレクターの現在の健康状態が気になるところである。明日以降、彼女に何事もないことを祈りたい。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©michaelchan

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る