素人の瞑想は怖い…迷走した夫が何かに憑依された

投稿 大阪 あくび猫さん

敏太郎先生、愛夢さん、暑い日が続きますがお元気ですか?

夫が瞑想で体験した話を思い出しましたので、お送りします。

全世界で瞑想をする動きがあってから、しばらく経ちました。敏太郎先生は、素人の瞑想が危険だと仰っていましたね。私も同意見でした。

それは、以前、夫が素人ヨガを始めて、ヨガの終わりに、素人瞑想をしだしたことに端を発します。夫は、ヨガと瞑想が終わると、夜な夜な一人で散歩に出かけるようになりました。散歩から帰ってくると、玄関の隣の部屋で用事をしている私を、横向きに首だけ出して覗いていたりする奇行が始まったのです。

そのうち、職場から私は追い出され、スタッフたちの統制は取れなくなりました。そうするうちに、変なお客さんにまとわりつかれて悩んだり、スタッフがスクラムを組んで夫の言うことを聞いてくれないなど、悩みがどんどん増えていったのです。




夫は勝手に孤独に苦しんでいたらしく、ある日、用事から帰って来た私に、「首を吊ろうとしたけど死ねない」と言って、泣き出したのです。私も青天の霹靂で、「一体どうしたの?」と聞きました。

先に書いた成り行きで、どんどん孤独になり、生きるのが苦しかったと言うのです。自分から人を遠ざけておいて変なことを言うなと思いましたが、とにかく孤独にさせないために、夫に寄り添うことにしました。

だんだんと心を開いてくれているようなので、「ヨガの後、散歩に行ってるけど、どこを歩いてるの?」と聞きました。

すると、町内の端っこの、墓場に行っていると言い出したのです。普通、夜の10時に一人で墓場に散歩しにいく人がいますか?

最近、急に夫の人格が変わったのは、自殺した浮遊霊に憑依されたのではないかと、私は思いました。私は霊能者でもありませんが、夫の背中を叩いて、「もうバレたでー!出ていきやー!」と言いました。

夜の散歩は禁止になり、それから2週間くらいで夫は少しずつ元気になり、仕事に復帰して、10年後の今はとても元気です。

素人の瞑想って、怖いです。何かに憑依されてしまいます。私は身をもって体験しました。敏太郎先生が、「瞑想と祈りは違う」とおっしゃっていたと思います。私もそう思います。

以上、参考にしていただけたら幸いです。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Gerd Altmann PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る