【やらかし放送事故】「やる気あるのかお前は!」局アナ本番で叱責される

2020年8月13日放送、お昼の情報番組『ひるおび!』(TBS)で放送事故が発生した。

事故が発生したのは13時31分ごろのこと、八代英輝弁護士が担当する番組の人気企画「解決!ジャッジマン」のコーナーに於いてだった。

この日、「ジャッジマン」では赤荻歩TBSアナウンサーが番組進行のアシスタントとして、「遺産相続」についての解説を行っていた。

そして、いつも通り話題に沿ったクイズを出すタイミングの時だった。

ニュース生本番、謎の女性が割り込んだ!




大きなボードの上を配偶者居住権についてのクイズが書いてあるフリップがレールを伝ってスライドしてきたのだが……キャッチするはずの赤荻アナはなんと、そのままスルー。

八代弁護士も思わず「とめて!」と大声を出したが、時すでに遅し。左から出てきたクイズが書かれたボードは右端へと吸い込まれていった。

このハプニングには番組メインキャスターの恵俊彰をはじめ、出演者一同も騒然となった。

八代弁護士は動揺しつつも「今の凄い面白かったからリプレイしないかな!?」、恵俊彰も「やる気があるのかお前は!」「何を見送ってるんだ」と大声をあげていた。




とはいえ、赤萩アナのこの失策に対して八代弁護士も恵も本気で怒ったわけではなく、冷やかしながらの叱咤であったことは視聴者の目にも明らかだった。そして、この後はスタジオ内にどっと笑いが起きると和やかな雰囲気になっていた。

なお、赤荻アナは「すいません!キャッチするのを忘れてました!」と平謝りすると、八代弁護士も「それ、今日一番大事な仕事よ!」と笑いながら突っ込んでいた。

その後、赤荻アナは見送ったミスを自らフォローしようと、その後は人物ごとに声色を変えるなど中堅らしいアナウンスのテクニックを発揮した。しかし、やはりやらかしてしまったフリップ見送りのリカバーすることはかなわず、最後までカッコ悪いままであった。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©Dick Thomas Johnson

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る