母親が人力でトンネルを掘り息子の脱獄を計画

牢屋の中から壁や床に穴を掘って脱出、というのは創作の世界でも、まれに現実でも聞く話だ。

だがこの度ウクライナにて、一人の母親が外から刑務所へ向かってトンネルを掘り息子を脱獄させようとした、という事件が実際に起きた。

51歳の母親は、殺人の罪で服役している息子が刑務所で余生を過ごすことに耐えられず、今回の脱獄計画を実行に移すことを決めたという。




彼女はまずウクライナのザポリージャにある刑務所近くの不動産を借り、シャベルその他の手動工具を用いて10フィート(約3メートル)の縦穴を掘る作業に取り掛かった。そして、充分な深さに達したところで今度は最終的に刑務所の塀の下を通って敷地内に出られることを目的とした長さ35フィート(約10.5メートル)のトンネルを掘り始めた。

彼女は自分の作業を見られないよう、基本的に夜に動き、トンネルにも明かりはつけていなかった。また、トンネルの中には原始的な滑車を設置し、掘削された土を外に送ってガレージ付近に捨てられるようにしていた。

作業を初めて3週間後に彼女は逮捕されたが、この時までに彼女が掘った土の量は実に3トンにも上るという。

地元住民も、まさか重機も何もなく一人の中年女性がほぼ人力のみでこれだけの工事を行えるとは思っていなかったようで、逮捕を知って初めて驚いたと述べている。

関連動画
Mother Single-Handedly Digs Underground Tunnel to Help Son Escape Prison | Mother Sad Story

(田中尚 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Ukraine Police 

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る