恐竜もガンに悩まされていた!?新たな調査で解った恐竜の生態

現在、我々人類や動物たちは様々な病気に悩まされている。

これは古代生物もまた然りで、化石をよく研究することで昔の生き物たちが悩まされていた病気や怪我について知ることができる。

1989年、カナダのアルバータ州にて今から7600万年以上前に生息していたセントロサウルスという角竜の化石が発見された。発掘された時点で骨が変形しており、考古学者らによって注目されていたが、当時はまだそこまで深く調査はされておらず、「折れた骨が自然に治癒したもの」と考えられていた。




2017年になって、ロイヤルオンタリオ博物館(ROM)の脊椎動物古生物学の委員長であるDavid Evans氏が改めてこの化石に注目。研究の結果、セントロサウルスの「曲がった骨」は骨肉腫・・・一種の悪性腫瘍であった事が判明したのである。

これは恐竜がガンを患っていたことを示す初の痕跡となる。また、当時からガンが長く生物を苦しめる疾患の一つであった事も意味しているという。

Evans氏は、「ほとんどの癌は軟部組織に現れ、化石化する可能性が非常に低いため、この標本は非常に特殊なものとなります。今回確認されたものは恐竜の悪性癌が最初に確認された症例であり、化石によってガンが陽性診断された例でもあります。今回の発見は、恐竜がどれほど大きくても強力でも、ガンを含む今日の人間や他の動物で見られる多くの同じ病気の影響を受けていたことを示しています」と語っている。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©edenpictures

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る