真夜中に聞こえてくる、気持ち悪いあの声…

投稿 アメリカ ララ・ラ・ランドに住むママさん

山口敏太郎様、愛夢様、タートルカンパニーの皆様

初めてメールをさせて頂きます。主人の仕事の関係で今の地に引っ越してきたのが今年の3月で、そのころから拝聴させて頂いております。

渡米してすぐにある住宅地に移り住みました。社宅のような住宅で与えられた家です。初めて家に入った時に、(ここに住むのか~)と言う何とも重い気持ちになりました。

何か大きなダメージが各部屋に無いかと回っている時に、『なんだかこの部屋良い気がしないな』という部屋がありました。

が、その部屋を嬉しそうに娘が「ここが私の部屋!」と選び、娘が嫌がらないなら大丈夫か…とその部屋を娘の部屋にしました。次の日、持ってきたセージで各部屋、家全体を浄化している時に胃を誰かに掴まれるような痛さと、気持ち悪さに襲われました。




『これはなんなのか?』『これからは私たちがここに住むから出て行って!』と自分でも意識して言った訳でもなく、勝手にそのように心の中何度も強く思っていました。

とに角、家をクレンジングが出来て良かったと思いました。

ある夜、娘の部屋で娘と寝ていたのですが何か唸るような声がどこからともなく聞こえて来ました。主人のイビキかなと思ってしばらく聞いていましたが、主人がイビキをかいているのと同じ時にどこからか唸るような声…主人のイビキでないことを確信してしました。

しばらく目を閉じながらお経を唱えたり、心の中で『ここは今は私たちの家だから出て行って!』と言ってみたり…時間がどれくらいたったのかわかりませんが、しばらくするとそのうめき声をは消えていました。

しかし、そのうめき声はほぼ決まって真夜中の2時半から3時半の間にやってきます。娘のベットが窓を背に頭が窓側にあるのですが、その寝ている頭のすぐ壁1枚向こうから「ハアーハアァー」と毎晩聞こえて来るのです。ある時は、私の頭上左上から、ある時は娘側の右の方から…。

誰かに聞いて欲しくて夜中まで起きている主人に娘の部屋に来てもらい、「ここに立ってて!唸り声が聞こえるから」と言ったのですが、主人は怖くてすぐに自分のベットに眠いからと行ってしまいました。

誰にも判ってもらえないと思った私は、日本にいる母にその話をしましたが、「獣ではないのか?」と、また「移動する足音とか聞こえないの?」と…

なるほど!と思った私。今度足音が聞こえるか聞いてみる!そして、またその音が聞こえて来たとき足音が聞こえるか耳を澄ましました。




何か動物(リスがよく出るところなのでそうではないか?)だったら、足音が聞こえるはず。しかし、左から右に声が移動する間も何の音も聞こえません。(足音も)

「スーハー、スーーーーハーーーー」吐息のあとしばらく間が空いて、また「スーーーーーハアーーー」

その吐息も何かパイプの中で息をしているような、振動するような響き渡るような音なのです。主人や母に判ってもらえるように動画を撮ってみようかな?と思いましたが、直感でそれはしない方が良いと思いました。

撮ったその動画を送って見る人に悪いことが起きてしまうような気がしたのです。

その家にに住んでいた間、夫婦喧嘩が絶えなかった事、そしてランドリールームで洗濯物を畳んでいると少し開けておいたドアから見える誰かか通り過ぎる気配やら。その住宅のすぐ近くには戦死または、兵役中に亡くなった何千何万と言う兵隊達の墓地がありました。

結局、その住宅からは契約満了を待たずに新しい現在の新しい家に移りました。

そのうめき声?獣の声は引っ越す前日の夜まで続きました。今は、その声から解放され朝までぐっすりと眠れる日々を過ごしております。

あの声が何だったのか?今でもとても不思議ですがもう二度とあの家には住みたくないと思いました。

*******************

これからのもアトラスラジオを毎日楽しみにしています。皆様、日本の夏もこれから本格的に暑くなって来ることと思います。夏バテなさらない様にお体ご自愛下さい。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Jose Aitor Pons Buigues PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る