【大ウケ放送事故】楠田枝里子から安藤優子へとリレーされた最凶話し

2020年8月6日にフジテレビで放送された、お昼の情報番組『バイキング』と『直撃LIVE グッディ!』の放送の合間、恒例のリレートークが「怖いけど面白すぎ」「放送事故では?」と話題になったようだ。

この日のバイキングのエンディングトークは、同日の21時から放送される『直撃!シンソウ坂上【未確認ミステリー映像23連発!目開くミイラ…月夜にUFO】』の番宣明けで始まった。

すると、木曜日の準レギュラーである楠田枝里子が何を思ったか、こんな話をし始めた。




「5日続けて首のない人が私の自宅を訪ねてきたことがある」と唐突に激白したのである。

この話を聞いた、スタジオ内の坂上忍を始めとする木曜レギュラーの面持ちは一斉に「!!!!!」である。さらに、リレートークのために楠田の話を聞いていた、「グッディ」MCの安藤優子と高橋克実も驚きを隠せない様子だ。

グッディ、トラブル連発!

しかし、基本的にお化けの存在を信じないという楠田は「実はちょうどそれを見た時期はとても疲れていたために幻を見たんだろうと自分では思っている」と話をそらせた。

ところが、安藤は「いくら疲れていても普通5日続けて首のない人を見ることはないはずだ」と反発。そのまま安藤は続けて「日本軍の兵士に体に乗られて、そのまま飛行機でスペインまでついてこられたことがある」と突然、自身の大暴露をしたのだ。




当然、スタジオ内の反応は楠田の話のときよりもさらに大きな「え~~~」の声で溢れた。

その後、安藤は自ら場違いな話をしてしまったと思ったのか、「ちょっと暑さのせいでどうかなっちゃいました」とテレながら少し反省していた。とはいえ、実に興味深い霊体験を意外な人物から聞くことができて、多くの視聴者もさぞ驚いたに違いない。

ちなみに、安藤はその憑かれた日本兵をスペインで無事にとってもらえたそうだ。

放送終了後、一連の騒動はネット上でちょっとした騒ぎになったことは予想通りであった。

(赤池大夢 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Dick Thomas Johnson

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る