【ミャンマー発】「重力に逆らう僧侶」!?岩山を軽々と登る達人

達人が見せる、常人とは一線を画した体さばきや技術は目を見張るものがある。

今回海外ユーザーTikTokに投稿した動画も、達人ならではの動きといえるものだった。こちらはラオスの首都ビエンチャンにあるバンクーン寺院を訪れた人物が撮影していたものである。

この寺院には巨大な岩の斜面を、細いロープや鎖を頼りに登っていく箇所がある。日本の山寺の参詣ルートでも見るものだ。観光客をはじめ、慣れない人ならば怖じ気づいてしまいそうなこの岩山ルートだが、動画にはオレンジ色の法衣を着た僧侶が靴も道具もなしに、袋を2つ持って実に身軽に登っていく様子が捉えられていたのである。

関連動画
Monk furiously climbs rock hill without harness go viral




漫画だと拳法の達人が岩山の間を身軽に跳び渡っていく描写があるが、僧侶の動きはまさにそんな漫画的描写を彷彿とさせる。

投稿者は「まるで重力に逆らっているようだ!」として、一部始終を捉えた動画をTikTokに公開。瞬く間に人気動画となった。

動画を見た登山経験者からは、この僧侶がスイッチバックアプローチ(はるかに少ない労力で頂上に到達するためのジグザグの歩行パターン)で岩の斜面を歩いているとコメント。また、普段からこの険しい斜面を利用しているため、ある程度のコツを掴んでいるのだろうという推測も寄せられていた。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©NYOOOZ TV YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る