【リスナーパニック】あの大物女性シンガー、生放送で突然引退宣言!

2020年8月1日放送のTBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」にて歌手の小柳ルミ子が突然爆弾発言を行うハプニングがあった。

この日の「ナイツのちゃきちゃき大放送」のゲストコーナー「TOKYOよもやま話」にリモート出演した小柳だが、順調にトークが弾んでいったと思いきや、突然、なんとナイツに向かって「引退します」と宣言したのである。




小柳によると、最近の新型コロナウイルス感染拡大により歌手活動の仕事が激減。「仕事がなくなってしまった」ことと、歌手デビュー50年を迎えたことで「そろそろ潮時かも」と考えるようになり、今年いっぱいの引退を決意したという。

想定外の小柳による激白に、ナイツの2人も「え〜!」と驚きを隠せない様子がラジオからもよく伝わってきた。ところが、その衝撃度はリスナーにとってはそれ以上だったようであり、「え、小柳ルミ子引退!」「なんで、よりにもよってナイツの番組なんかで!?」と動揺の声が相次いだという。

だが、この小柳の発言には続きがあったのだ。

一度は本当に引退を決意した小柳だったが、その後にサザンオールスターズの桑田佳祐がある雑誌で「小柳ルミ子さんは日本のレディガガである」と自身を絶賛していたコラムを読んだという。




このコラムにいたく感銘を受けた小柳は引退する考えを改め「まだまだ頑張ろう」と決意しなおしたそうだ。

一時は引退発言にド肝を抜かれたリスナーも思わず安堵し、「良かったー」との声が引きも切らなかったという。

なお、番組内でドッキリさせられたナイツの二人もホッと胸を撫で下ろしたに違いない。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『小柳ルミ子 デラックス・ボックス

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る