ブラックホールへ、過去の自分に警告メッセージ!衝撃の手法を考案

未来の人々が現代の人々に対して警告のメッセージを送っていた…というのはSFの世界でありがちな内容だが、まさにそんな「警告メッセージ」を過去に送ろうとしている人が存在している。

アーティストのジョー・デイビス氏は、これまで起きた戦争や自然災害、パンデミックなど当時の人々が止めることのできなかった多くの悲劇をメッセージに仕立て、過去の自分に送ることを計画している。




「Swansong」と銘打ったこのメッセージは約1時間続くモールス信号で、1935年のデイビス氏本人に送ることを想定している。

肝心の「過去へ送る方法」は、地球から6000光年離れたブラックホールと考えられているはくちょう座X-1に向けて送信すると言うものである。

Joe Davis wants to use black holes to send a message back in time. Here's how he plans to do it.

Micさんの投稿 2020年7月26日日曜日




信号が時空を歪める地点に到達すれば、過去の地球に向けて信号が返されるはずだそうだ。

非常に面白い試みではあるが、不可能に近いのではないか、という意見もあるのは当然の事である。また、本人が受信できるとは限らないし、本人ないしは別の人が受け取ったとしてもモールス信号を読み解けるのか、という問題もある。

果たして、この信号は過去の自分に届くのか。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Gabe Raggio PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る