長男以外は厄介者でしかなかった!?現代にはあり得ない家族制度

かつては日本でも子供は労働力として扱われていた。

跡継ぎとなる長男だけが別格で、それ以外は格下とされていた。現代でも古いしきたりは若干残っているかもしれないが、一部地方で今では信じられないような風習が当たり前とされていた。

「おじろく・おばさ制度」という、今はなき村に伝わる家族制度を聞いたことがあるだろうか。

長野県下伊那郡にあった神原村(1956年に廃止され、現代では天龍村大字神原という地名になっている。)では当たり前とされてきた。




長男以外の男はおじろく、女はおばさと呼ばれ、戸籍簿には「厄介」とだけ記されていた。物心つく年齢から長男の言うことを聞いて、無償で労働のみに徹するように教育された。

貧しい土地柄だったため口減らしに、彼らは生涯結婚せず自ら子供を持てず楽しみもなく奴隷同然の生涯であった。中には他家へ養子に出されたり嫁に入れられたりする者もいたが、基本的には死ぬまで家に隷属させられた。

意外にも中流以上の家庭に多い風習であった。おじろく・おばさを労働力として養うこと自体が、なんと当時のこの村では贅沢なステータスだったのだ。

一応学校教育は受けていたが、長男以外はやはり家の仕事が優先され学校に行けない日もしばしばあった。他人との接触や必要以外の口を利くことも許されず、祭りや行事にも参加させてもらえなかった。家族ともコミュニケーションをとらず、無表情で感情も閉ざされていた。朝晩、嫌な顔せずよく働いていた。

長男が妻子を持つと、おじろく・おばさは甥や姪の奴隷でもあった。家を出て自立しようという気概のある者もいなかった。彼らはコミュニケーションが苦手だったため、出ようとしても他人と馴染めずすぐ帰ってくるしかなかった。

関連動画
ATLASラジオ2nd 175 日本の奇習 高知の結婚のない村、長野の長男しか結婚できないおじろく・おばさ

このような奇習は16・17世紀くらいから受け継がれてきた。

1872(明治5)年には村の人口2000人のうち、おじろく・おばさが190人はいた。1960(昭和35)年になると、おじろく2名におばさ1名とごくわずかだけが生き残っていた。

当時生き残っていた3人になんとインタビューを決行した人物がいた!

精神科医・近藤廉治氏が彼らを調査対象にしていたのだった。彼らは普通に話しかけても反応しないため、アミタールという催眠剤が投与された。

唯一最後のおばさであった女性(1901年生まれ)は、幼少から大人しく無口で愛想がなかったそうだ。小学校の成績は優秀で知能に問題ないが、家の中でも口を利かなかった。当時は紡績業発達により女性が外に出て働く機会も増えていたが、彼女も24歳くらいまでは養蚕の手伝いに隣部落へ行っていたものの次第に拒むようになった。それ以外は言うことを聞きよく働いた。

稲こきの手伝いと数人で食事をしていたが、彼女だけ挨拶せず会話にも入っておらず笑いもしなかった。検査したらやや血圧が高めであったが、身体に異常はなかった。催眠剤を投与すると、笑顔が出て少し話ができるようになったそうだ。

自分の誕生日は分かっていた。わずかながらに友人はいたそうだが、学校や他所へ行くのは好きではなかったのであまり親しくはならず会話しなかった。子供の頃に遊んだ記憶はあるが、楽しいと思ったことはなかった。

電車を見たことがなく、自動車が遠くから小さく見えたことがあるだけだった。新聞は見出ししか読めずコンプレックスを感じていた。姉の死に遭遇しても死に顔が気味悪かっただけで、それ以外何も感じなかったようだ。薬の効き目が切れてくると、彼女はそっけなくなり不機嫌そうにして奥へひっこみたがった。

おじろくの男性(1887年生まれ)も、大人しく几帳面であった。やはり不愛想で無口に無表情で、挨拶しても反応がなかった。遠慮なく茶を飲んだり煙草を吸ったり、囲炉裏端で横になったりしていた。

小学校の成績は中くらいだった。山や畑仕事の他、26歳くらいまで近所で大工仕事も手伝っていた。村を出たことあるのは、21歳の頃に徴兵検査で飯田へ行った時だけだった。

アミタールを投与すると簡単な受け答えだけできた。学校へ行ったのは4年までで、徴兵検査行くまでは隣部落で大工仕事を教わっていた。友人らしき者はいない。仕事をしても自分の小遣いにはならず金を使ったことはなかったが、不満を感じず辛いとも楽しいとも思わなかったそうだ。徴兵検査で飯田へ行った時も、町に興味が湧かず女遊びもしたことがない。

簡単な記憶の検査はできたが、読み書きの検査ができなかった。新聞は読まないが、ラジオの浪花節は聴くそうだ。年齢と共に手足が不自由になり、大工仕事ができなくなった。洗濯や繕い物などはちゃんとやっていた。人と話すこともなかったが世の中を嫌と思うこともなく、自分の生活にも何にも感じていなかったようだ。

もう1人おじろくの男性(1883年生まれ)は、なんと1人だけ例外であった。アミタールを投与する必要がなく健康体であった。人と話すことを厭わず、普通に挨拶した。幼児期は素直で陽気だったそうだ。

2人の弟もおじろくだった。貧しいため小学校には行けなかった。病弱の長男の代わりに集会へ出ることはあったが、兄が経済を握っていた。結婚せず、兄夫妻とその5人の子供達のために働き続けた。一見兄家族と和やかに暮らしているようだったが、どこか寂し気で閉塞的な態度であった。

弟2人は学校へ行ったが、彼は朝から草刈りに昼間は山や畑で働き夜なべまでし遊ぶ時間などなかった。飯田へ繭を売りに行った時に、美味い飯を食べられるのが唯一の楽しみであった。遊郭に2回行ったことあったが、それ以上は我慢して余った金は全部兄に渡した。おじろくがおばさを夜這うこともあったが、世間からはもちろんよく思われず恥なのでやらなかった。

おじろくの身分を理解していたので、結婚願望はなく寺参りすらもしないそうだ。以前はおじろくがたくさんいたが、交流することがなかった。彼らはただ働いているだけで話もせず偏屈であった。自分では生まれて損だとも思わなかったそうだ。馬鹿にされたこともなく、むしろ福の神と言われた。決して大事にされていないとは思っていなかった。人と会うことは嫌いではないが、特にやりたいことや楽しみや嫌なこともなく寂しいとも悲しいとも思わないそうだ。




他の古老達の話によると、おじろくの中には煙草の密売で小遣い稼ぎをした者もいたそうだ。おじろくがおばさに夜這いをすることは稀にあった。声をかければ会釈くらいならするがきちんと挨拶せず、常に無表情で俯いていた。家を訪ねると奥へ隠れる者もいた。

子供の頃はわりと普通の子に見えたが、20歳過ぎるとどんどん不愛想になっていったそうだ。普通の人間とは明らかに違う風貌でチョンマゲも多かった。だらしない身なりとは違って、きちんとしており怠け者はいなかったそうだ。不平を言わず娯楽も求めず、身の周りのこともしっかりやった。だが自ら気転を利かすことはなく、言われたことだけしかやらなかったようだ。

これらのことを調査した近藤廉治氏は、彼らに分裂病の可能性を疑っていたが家系を調べても見つからなかった。分裂病と似た特徴が20歳を過ぎてから見受けられてはいたが、妄想や幻覚などの症状や気が狂った様子もなかったそうだ。

気概のある者だけが村を出て行き、彼らだけが取り残されたということとも違うようだ。社会的に疎外された風習を当たり前として植え付けられた結果、分裂病と類似した人格に育つことが判明したのだった。

工業発達や鉄道開通の影響でこのような忌まわしい風習は今や消滅した。だが、育った環境や習わしによって感情が封印されてしまう危険性がなくなったわけではないのだ!

けっして虐待とは違うとされているが、貧困が原因であった点や人格形成に大きく影響を与えてしまった点や何より個人として尊重されていないことが共通している。

必ずしも経済的に満たされていれば絶対に起きないとも言い切れないが、この場合は貧しさによって人々の心までも貧しくなってしまった実に悲劇的な実例であった。

制度そのものがなくなった現代でも、誰かに都合良すぎる存在として心をなくしたように利用されているだけの人々が現代の闇に潜んでいるかもしれないと思うとゾッとしまいか。

もしかしたら、あなたの周りにもおじろく・おばさの現代版がいるのかもしれない。あるいは、あなたも既に・・・

心当たりある人もない人も、周囲とコミュニケーションを図るきっかけを作って欲しい。特にソーシャルディスタンスが騒がれているここ最近だからこそ、余計に人との繋がりが重要になってくるのである!!

(ふりーらいたー古都奈)

参考サイト
新・静かな町 おじろく、おばさ制度 近藤廉治『開放病棟――精神科医の苦闘』より
私家版・精神医学用語辞典 おじろく、おばさ
Leisurego おじろくおばさとは?昭和まで続いた長野県での嘘のような悲しい奴隷制度

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る