ちょっと不思議な日常の小ネタ集 その1

投稿 名古屋 きょさん

敏太郎様、先日は私のツイートにご返信いただきましてありがとうございました。

ほんとによくある様な事例ばかりですが、並べてみます。

星️天井に現れるモノ

50年代、生まれ故郷の長崎でのことです。2-3歳ごろ、祖母の家に泊まるとよく観ました。

天井から私を見下ろしニタニタする、金属の湯たんぽに似てる顔。湯たんぽの波の間の谷の中に小さい目と口が有り、ぐるぐるっと回りながら消えていきます。

私は「モモノ、こわーこわー、アボジョ、こわーこわー」と叫んで大泣きしたそうです。

モモノってなんだろうねぇ、もののけのことだろうかって母たちは知らない言葉に首を傾げたそうです。アボジョというのは長崎の幼児語でお化けのことです。




星️崖から落ちて

同じ頃、これは私の記憶はなく、母に聞いた話です。

母とお墓参りに行った時、母がナムナムしてる隙に私は一人歩きし、3mの崖から真っ逆さまに落ちました。おでこを石か何かで切って、頭のことですから血が吹き出し血まみれ。母は動転して(これではもうお嫁に行けない、この子と一緒に死のう!)と思ったそうです。

そこへ通りかかった中年女性が「死ぬのは後にして、まずは病院へ行きましょう。すぐそばに名医がいるから」と、道案内してくれたそうです。医師は本当に名医だったらしく、ぐちゃぐちゃになってる私の額の皮を伸ばし広げ、左側の隅に集めて、横向きに3針で縫い合わせてくれました。傷跡は薄っすらシワのように残りましたが誰も気がつかない程度です。導いてくれた女性にお礼を言う間も持てず、病院の人も見ておらず、近所を聞き込んでも分からず、その方とはそれっきりだそうです。

なぜ「死ぬのは後にして…」って、その人が言ったのか、不思議が残っています。私は、その時に頭を打ってから色々おかしなものを見るようになったのじゃないかって思っています。




星️愛犬の生き霊?

私が生まれる前から我が家にはチビという名の雑種の大型犬(トップ画像)がいて、私は彼のことを兄だと思って育っていました。

3-4歳の頃、庭でチビと遊んでいて、ふと思い立ってチビに「ちょっと待っててね」と言って、おもちゃを取りに家に入りました。私のおもちゃ置き場は半間の押し入れです。そのカーテンをめくったらチビが座っていました。

身体は透き通っていて後ろの棚が見えます。少し怖くなって走って庭に戻ったらチビがニコニコ笑って座っていました。(その2へ続く)

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©ちょ

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る