狙いはバイオテロか?米国にて数百件の家に中国から「謎の種」が届く

海外にて、奇妙な「荷物」が届くという事件が頻発している。

アメリカのワシントン州、ユタ州、バージニア州にて、多くの家庭のポストに奇妙なものが届けられたというのだ。それは小さな袋状のパッケージで、荷物の種類は「宝石」ないしは「アクセサリー」となっているにもかかわらず、実際の中身は正体不明の小さな植物の種、というものである。




同様の事例は遠く離れたイギリスでも報告されており、ダービシャー州やサウスウェールズ州など数百の家に届いたという。

奇妙な植物の種が届いた家の中には庭師や、庭いじりを趣味にしている人が多数含まれており、Facebookにて趣味のフォーラムに書き込んだことで事件が発覚した。その後、奇妙な種が届けられた家はイギリス農務省の動植物衛生局に連絡し、当局が調査に訪れたという。




アメリカでも各州の農業省や農業消費者局がコメントを出しており、いずれも「恐らく今回届けられた種子は必要な検疫を受けていない。侵略的外来種の種である可能性や、地元の植物を淘汰したり、家畜に有害になる植物である可能性が捨てきれない」として、今後も同様の「種」が届いた場合は、まず当局に連絡するようにと警告を発している。

また、「人々が注文していないものを受け取っており、その一部は庭師などであることから、個人情報を得た上で送りつけている可能性もある」という意見も存在している。

果たして、誰が何の目的で「種」を送りつけているのか。そもそも「種」の正体は何なのか。真相はいかに?

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©VDACS Twitter
 
 

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る