【ネット騒然】しんちゃん父もテレワーク?アニメの世界もこりゃ大変だ!

2020年7月25日に放送された人気テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日)の放送内容が話題になっている。

この日の『クレヨンしんちゃん』はいつも通り3つのエピソードが放送されたのだが、このうちの1つが「父ちゃんがテレワークだゾ」だった。

タイトルの通り、この話はしんのすけの父・野原ひろしが自宅でテレワークを行うという内容で、案の定、しんのすけからの邪魔が入るという展開になっていた。




すると、タイミング的にも本作は、新型コロナウイルスの影響によるテレワークを扱った作品だったのでは?と注目され、ネット上では「クレヨンしんちゃんの世界でもコロナが流行しているのか」「アニメの世界にもコロナが…」と大盛り上がりになっていたようだ。

ところが、この放送から数時間後のこと、番組監督であるムトウユージが自身のTwitterで本作が生まれた経緯について触れた。

ムトウによると、テレワークの話は、新型コロナウイルスには関係なく、全くの偶然だったという。

クレヨンしんちゃんは放送の数か月前から、プロットや脚本が書かれる。つまり、本作の着想を得た2019年12月の時点では新型コロナウイルスは中国でも(公式には)確認されていなかった。




ということで、今回のテレワークに関するエピソードはあくまでも今回のコロナ禍とは関係なく、「近年注目されている新しい働き方」に着想を得た話だったそうなのだ。

図らずも作り話と実話が一致したわけであるが、それだけクレヨンしんちゃんスタッフの「流行を先見する読み」がスゴいということであり、大人気長寿アニメたる実力を見せつけたエピソードだったようだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『クレヨンしんちゃん大全 2020年増補版

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る