【戦慄放送事故】『ヒルナンデス!』で霊現象!?いとうあさこ青ざめる

2020年7月20日に放送された、お昼のバラエティ番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ)でちょっと笑える放送事故があったとして話題になっている。

この事故が発生したのは、番組内の「曜日対抗!超限定まマーケティング」という、曜日レギュラーが毎日対決するクイズコーナーだった。

この日はクイズは「高校生に聞いた この夏UFJで楽しみたいアトラクショントップ10」というもので、「ジョーズ」が7位、「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド」が4位など、人気アトラクションが続々とランクインしていったときである。




火曜レギュラー・いとうあさこが「ハリーポッター(ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)」が未だランクインしていないことに気が付いたようだった。そして、「やっぱアレじゃないですか?ハリーポッター」と回答を発したところ、何故か、いとうが発した声に強めのエコーがかかっていたのだ。

まるで心霊現象のようなタイミングで起きたこの事件。

いとうは、自分の声にエコーがかかっていることにすぐに気が付くと、「怖い怖い!」と叫んだ(当然、その「怖い」にもエコーがかかり続けている……)。




そして、しばらくして、いとうのエコーは消えた。何事もなかったかのように。

このことは当然、オカルト的な超自然現象などではなく、ただ単に音声のミスかと考えられる。ところが、画面からもよく伝わった、いとうの慌てた顔や動作も含め、実に笑える事故だった。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©pen_ash PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る