子供時代、私はパラレルワールドに迷い込んでしまった!

投稿 あんみつ姫の付き人さん

山口敏太郎さん タートルカンパニーの皆さん こんにちは。いつも楽しく拝聴させて頂いてます。

ペンネームあんみつ姫の付き人と申します。

私自身、霊感的なものは全く無い凡人なのですが、どうしても忘れられない子どもの頃の不思議な出来事と夢があり、皆さんに聞いて頂きたくてメールいたしました。小ネタに使って頂ければ嬉しいです。

その1、パラレルワールド

私が小学1年か2年の頃の事です。

当時、私たちの家族は大阪に住んでおり、その日は、家族(両親、姉2人、私)で電車に乗り継ぎながら何処かへ出掛けていました。幼さなかったので行き先は全く覚えていませんが、尼崎に住む祖父母の家かもしかすると万博に行く途中だったのかなぁと思ったりしてます。




あまり出掛ける事の無い家だったので私は少しはしゃいだ気分だった事を覚えています。私たちの最寄りの駅からとても大きな駅、多分、梅田か天王寺か・・・に、乗り継ぎの為に降りました。その駅構内での出来事です。

両親は改札口上部にある電車の時刻掲示板を見ながら、あーでもない、こーでもないと、乗る電車を確認していました。

小さい私は直ぐに退屈になりキョロキョロと辺りを見回しました。すると目の前に銀色の大きい円柱状の柱が有るのに気がつきました。

私はその柱の周りをくるくる回ってみたい衝動にかられました。そして回るだけじゃつまらない。もしかしたら、一回転したらそこに家族が居ないかもしれないという勝手な設定で遊びをさらに面白くしました。

まだ両親は時刻表を眺めている・・・隣に有る券売機で切符も買って無い・・・と言う事は、私が一周くるっと回っている間に何処かへ行ってしまう訳が無い。私は元来、臆病なタイプの子だったので家族の居る場所も念入りに確認しました。

『怖い』『本当に居なくたってたらどうしよ』『いや、そんな事有るはずない』と心がグラグラしましたが、回ってみたい衝動が勝ち、私はとうとう、くるっと一周しました。そして直ぐさま家族の居た場所を確認しました。




すると、まさか家族の姿が有りません。

頭がパニックになりながら辺りを見回しましたが、本当にどこにも居ませんでした。

『本当に居なくなった!どうしよう!』

頭の中がゴチャゴチャになりながら、私は元に戻る方法を必死で考えました。

『そうだ!元に戻るんだからまた振り返ってくるっと回るしかない』と何故かそう考えました。

そして、家族から見えない存在になったような恐怖で心臓が張り裂けそうになりながら、私は思いきって逆周りに1回転。

すると目の前に家族の姿が飛び込んできました。私は安堵しながらも全速力で家族の元に走りました。何がどうなったなど説明は家族にする事が出来ない状態でしたが『とにかく元に戻った。あれは絶対見間違えじゃなかった』と言う気持ちだけが鮮明に記憶に残っています。

時間にすると、ほんの1、2分の出来事だと思います。

最近、パラレルワールドの話しをよく耳にする様になり、あれは別次元に一瞬行ってしまったんだと思う様になりました。(続く)

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Hyougushi

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る