私を止めた警察官は一体…あれは現実だったのか?

投稿 ココフラワーさん

山口先生 、愛夢さん、皆さま、こんにちは。 ココフラワーです。

伯父の戦地からの帰還を3回に渡り読んで頂きありがとうございました。(最初はアトラスニュース)

今回は今から30年以上も前の体験です。

仲良しの友人の家へ行くいつもの道でのことです(冬 夜7時頃)。その道は、何度通ったか数えきれないほど通っていたのでしたが、その日、警察官2人がパトカーを止めて 乗用車に乗っている人と話をしていたのです。

ここで警察官を見たのは初めてでした。




スピードを出せる道でもなく、一旦停止でもない。なので、何してるんだろうと思いました。

私は運転中でしたので、これを避けて別の道へと廻ればよかったのですが、別に悪いこともしてないのだから、『まっいっか』と思いそのままゆっくり進みました。

すると、1人の警察官が私の車を止めした。

『免許証か〜』と思いながら車を止めて、窓を開けました。「免許証をみせるよう」にいわれて、見せると警察官が「同じ歳です」とい言うのです。

私は「何か関係ありますか」と問うと「行っていいです」と。

なんだか訳が分からなかったのですが、長居は無用だと思い、サッサと友人の家へ向かいました。

ところが、どこまで行っても友人の家らしき物がないのです。辺りは真っ暗でしたが、細い1本道、通り慣れた道ですから間違えるはずがありません。

私の家から友人の家までは車で10分くらいで着くのです。

少し不安でしたが、しばらくそのまま進みました。『やはり、道を間違ったのか?』と思い、Uターンすることにしたのです。




真っ暗で何もない細い道なので何度かハンドルを切りながら車のライトが横の方を向いた時、そのライトの先には・・・たくさんのお墓。そして・・・反対側もたくさんのお墓。

私はお墓の中にいたのです。

その後はどうやって友人の家へ辿り着いたのかわかりません憶えていません。

そして友人も「私が止められたところで警察官は見た事ない」「うちの近くにお墓なんてない」と言うのです。しかも もっと驚くことに、この一連の出来事があってから友人の家に到着するまでに、なんと私が家を出てからほんの10分くらいしか経ってなかったのです。

警察官に止められ、その場で免許証を見せてから、その後にお墓の道で迷っていたのに ・・・予定通りの時間に友人の家へ着いたのです。

何がなんだか、よくわかりません。山口先生、これはいったいなんだったのでしょうか?

最後までお付き合いありがとうございました。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©まぽ (S-cait) photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る